「爽やかな季節の到来ですね。自宅で過ごすより、高速道路を好きな音楽でも聴きながら車を走らせたくありませんか?」

「気分がスッとしますよ。」

「「東名高速道路」は、有名なのでご存知だと思います。」

「「東名高速道路」は、上手に活用すると非常に便利ですよ。」

「観光旅行に行く時や、仕事で出張に行く際に、利用する方も多いですよね。」

「「東名高速道路(とうめいこうそくどうろ)は、東京都世田谷区の東京インターチェンジ(IC)から、神奈川県・静岡県を経由し、愛知県小牧市の小牧ICへ至る高速道路ですよ。」

「通称「東名高速道路」(とうめいこうそく、TOMEI EXP)、東名(とうめい)ですよ。」

「新東名高速道路と特に区別する場合には、「旧東名・現東名」と言いますよ。」

「高速道路ナンバリングによる路線番号は、名神高速道路とともに「E1」が割り振られていますよ。」

「「東名高速道路」の全区間を、中日本高速道路(NEXCO中日本)が管理運営していますよ。」

「ところで、「東名高速道路」の弱点と言えば、車の「渋滞」ですね。」

「いったん渋滞に巻き込まれると、ドライブの楽しさもぶっ飛んでしまいますよね。」

「大型連休になると、必ず報じられるのが「東名高速道路」の渋滞ですね。」

「上りも下りも、びっしりと車が詰まった渋滞は、見るだけでもウンザリですね。」

「しかし、「東名高速道路」の路線図や、渋滞情報などの情報を予め知っておくと、快適なドライブの計画が立てやすいですよ。」

「渋滞に巻き込まれないためにも、現在の渋滞情報をリアルタイムで知らせてくれる速報や、渋滞予測を活用しましょうね。」

「見通しの良い直線道路のはずなのに、なぜ渋滞になってしまうのでしょうか?」

「その原因と回避方法について、お伝えしますね。」

「東名高速道路の各種情報を閲覧するには、アプリの利用やWebサイトを閲覧する方法がありますが、「NEXCO中日本」の公式ホームページで、多くの情報を得ることができますよ。」

「トップページにあるリンクから、「リアルタイム交通情報」のページに移動してくださいね。」

「全国の高速道路情報が、一目でわかりますよ。」

「表示された日本地図に、渋滞がある地域では赤い自動車アイコンが表示されますよ。」

「5分毎に更新されるので、画面を開いたままの場合は、「情報を更新する」で最新情報を更新してくださいね。」

「アイハイウェイ中日本」のページに移動すると、東名高速道路を含む、東海エリアの高速道路路線図が表示されますよ。」

「渋滞や通行止めなどがあると、路線図状に状況別に色分けされた四角マークが付きますよ。」

「黒色は、通行止めですよ。」

「青色は、冬用タイヤなど装着ですよ。」

「緑色は、片側交互通行ですよ。」

「橙色は、渋滞ですよ。」

「灰色は、調整中ですよ。」

「赤い×印は、事故ですよ。」

「一目で道路の交通状況がわかるので、目的地までの区間にトラブルがないか、渋滞区間がないかを調べるのに役立ててくださいね。」

「「東名高速道路」が渋滞する場所として有名なのが、「大和トンネル」ですね。」

「日本全国の中でも、最も渋滞するポイントの一つですよ。」

「大和トンネルは、横浜町田インターチェンジと厚木インターチェンジの間にあり、長さ280メートルほどの地下道のような構造をしていますよ。」

「この付近では、道の構造上渋滞が起きやすいですよ。いざ、渋滞に巻き込まれてしまえば個人ではどうすることもできませんが、いくつかの回避策はありますよ。」

「バスやトラックなどの大型車の後ろを走る。」

「左車線を走行する。」

「渋滞しやすい時間帯を避ける。」

「なお、バスなど大型の車両の後ろは、普段はあまり付きたくありませんね。しかし、車高の高い車は見通しがいいので、渋滞を早めに回避する判断がつきやすいですよ。」

「また、これらの車は、渋滞から逃れるために高速道路を降りることがありますよ。」

「そのため、左車線を走っている方が、渋滞を回避する可能性があると考えられますね。」

「渋滞しやすい時間帯は、一般的に上り線で午後から深夜にかけて、下り線では早朝5~7時くらいですよ。」

「この時間を避けることで、少しでも渋滞を回避することができるでしょう。」

「「東名高速道路」を利用して出かける時は、リアルタイムの情報の他に、渋滞予測情報も利用できますよ。」

「NEXCO中日本のホームページ、又は日本道路交通情報センターの公式ホームページに、それぞれ渋滞予測情報が掲載されていますよ。」

「NEXCO中日本のホームページでは、東名や名神高速道路など渋滞が予想される道路一覧から利用するものを選び、上り・下りを選択します。」

「日本道路交通センターのホームページトップから「道路交通情報」のページに「渋滞予測」がありますよ。」

「日本各地の道路・交通状況から割り出された渋滞予測を、地域と日にちから予測するシステムですよ。>

「5キロメートル以上の渋滞が予測される場合を表示しますよ。」

「事故や工事などで発生する渋滞は含まれませんので、ご注意くださいね。」

「高速道路の渋滞ワーストランキングの上位3位はすべて「東名高速」ですよ。」

「自然渋滞が発生しやすいジャンクションやインターチェンジやバス停を、お伝えしますね。」

「海老名JCTは、ワーストランキング1位、厚木ICは、ワーストランキング2位ですよ。」

「御殿場ICは、御殿場プレミアムアウトレットがありますよ。」

「綾瀬BSは、綾瀬バス停付近で渋滞する上、近くの大和トンネルの渋滞が重なりますよ。」

「松岡BSは、富士川サービスエリアにかけてカーブが続きますよ。」

「裾野BSは、沼津インターチェンジにかけてカーブが続きますよ。」

「富士ICは、富士山や寺社の観光客が多いですよ。」

「豊田JCTは、伊勢湾岸自動車道と合流し、交通量が増加しますよ。」

「岡崎ICは、山間部の起伏による速度低下がありますよ。」

「四日市市ICは、伊勢湾岸自動車道と合流し交通量が増加しますよ。」

「インターチェンジ(IC)料金所には情報板があり、工事や通行止めの情報が提供されていますよ。」

「直前で判ってもどうしようもありません。事前にインターネットで情報を収集してくださいね。」

「夏の行楽シーズンには、一般道の予測も公開されますので、高速をあまり利用されない方でも、チェックしておいてくださいね。」

「「東名高速道路」の路線図については、料金ルート検索の「ドライブコンパス」の利用が簡単ですよ。」

「ドライブコンパスでは、出発地と目的地のインターチェンジを直接入力する方法のほか、路線マップ上で直接選択することも可能ですよ。」

「インターチェンジ名を入力する場合、日時と車種のほか表示順も指定します。」

「表示順は、時間順や距離順のほか通常料金やETC料金でもソートできることから、最短距離や時間を調べるだけでなく、高速料金を出来る限り安く抑えたい時にも真価を発揮しますよ。」

「入力が面倒な時は、出発地と目的地を路線マップ上で直接する方法が便利ですよ。」

「ドライブコンパスのページで、「路線マップからICを選ぶ」部分で直接地域を選択すると、選択した地域のマップが拡大表示されますよ。」

「マップ上で出発ICと到着ICを選択し、日時など各種条件やソート方法を選ぶと、検索結果として通常料金とETC料金のほか、所要時間や総距離が表示されますよ。」

「ルートマップも表示できるため、文字や数字だけでなく視覚的にルート情報を知ることができますよ。」

「「東名高速道路」の交通情報は、「リアルタイム交通情報」から日本道路交通情報のサイトを確認出来ますよ。」

「日本道路交通情報では、5分おきに情報が更新されていますから、最新の状況を瞬時に確認し、ルート判断にも使えますよ。」

「同じページに渋滞予測や工事情報へのリンクも掲載されているため、必要な情報の殆どを見ることができるようですよ。」

「サービスエリアの情報は、「サービスエリア・お買物」のページから入手します。」

「マップ上から区間を選択すると、区間内に存在するサービスエリアが表示されるため、知りたいサービスエリアを選択することで、詳細な情報が表示されますよ。」

「存在する店舗の営業時間や設備など基本的な情報に限らず、イベントに関する各種情報も得られるため、事前に確認することで予想外に得する場合もありますよ。」

「今年のロングバケーションは、どこまで足を延ばしますか?」

「輝く陽射しの中、ドライブは日常からの解放ですね。」

「ドライブマップを使って、上手く休日を楽しんでくださいね。」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事