「早朝、公園を散歩すると、空気が美味しいですね。」

「仕事が休みになると、なんとなく自然の光を浴びたくなりませんか?」

「最近、何かとストレスが溜まっています。」

「少し長い休みには、観光バスで四季を、空気を肌で感じる旅もいいかな~と思います。」

「ところで、あなたはバス旅行の楽しさを知っていますか?」

「私は、「観光バス旅行」の楽しさを味わいたくて、「バスの旅」に決めましたよ。」

「観光バスに乗っていると、木漏れ日や木の葉、自然の風をすぐそばに感じますね。」

「そして、バスのお客様や仲間たちとの一体感は、とても温かいものですよ。」

「美しい景色を共に見たり、ゲームをしたり、歌を歌ったりと、楽しいひと時ですね。」

「そこで、日本の絶景、美しい自然と歴史で有名な日光・鬼怒川温泉等を運行している「東武バス」を紹介しますね。」

「「東武バス株式会社」は、東京都北東部、埼玉県南部および西部、千葉県北西部、そして日光地区に路線を有する「東武鉄道グループ」のバス事業者ですよ。」

「2002年4月に、現在の東武バス株式会社が設立されましたよ。」

「運行は、地域ごとに設立された「東武バスセントラル」「東武バスウエスト」「東武バスイースト」「東武バス日光」の4社が担当しますよ。」

「これらの運行会社を合わせた5社から、「東武バスグループ」を形成しますよ。」

「「東武バス」日光定期観光バスの「日光満喫一日コース」は、鬼怒川温泉駅から出発し、中禅寺湖の湖畔のホテルでランチを楽しむといった、まさに至福のひと時ですよ。」

「午後からは世界遺産・華厳の滝で水しぶきを感じながら、酸素を思いっきり体に補給すしますよ。」

「そして、あの有名な日光東照宮での散策ですよ。」

「とても贅沢な時間が流れていきますよ。」

「また、ノスタルジックなひと時を味わえる「SL」にも乗れるのですよ。」

「東武鉄道SL復活運転プロジェクトは、こちらですよ。
・・・http://www.tobu.co.jp/sl/・・・」

「「東武鉄道・定期観光バスのお申し込みは、3カ月前から前日16:00までですよ。」

「前日の16:00以降、当日は、東武日光駅鬼怒川温泉駅ツーリストセンターのみ、発券が可能ですよ。」

「半日コースの前日の16:00以降、当日のお申込みは出来ませんよ。」

「申し込みは、「東武トップツアーズ・JTB・日本旅行・近畿日本ツーリスト・JR東日本びゅうプラザ等、全国の主要な旅行会社窓口ですよ。」

「Web予約は、発車オーライネットから東武日光駅・喜怒川温泉ツーリストセンターにてできますよ。」

「「東武バス・(路線バス)」は、生活には欠かせないバス会社ですよ。」

「「東武バス」は、各バス停に設置されている時刻表や路線図だけでなく、パソコンと携帯電話から各停留所の時刻をチェックすることができますよ。」

「また、一部の限られた路線では、バスが運行している位置を停留所単位で確認できるバス現在位置情報検索サービスというものもありますよ。」

「バスの現在位置情報検索サービスが利用できる路線は、足立・西新井・葛飾・花畑・草加・八瑚・三郷・吉川・大宮・岩槻・天沼・上尾・川越・坂戸・新座・西柏・沼南の事業所が運航する路線ですよ。」

「「東武バス(路線バス)」の運賃について、お伝えしますね。」

「「東武バス」では、バスの運賃の支払い方に2種類(前払い式・後払い式)ありますよ。」

「前払い式では、乗車するタイミングで、現金またはICカードなどの電子マネーを利用しますよ。」

「現金の場合は、定額料金を支払います。小銭を機械に入れますが、この時料金に応じておつりも出ますよ。」

「路線バスに乗った経験のある方なら、よくご存知ですよね。」

「ICカードの場合には、パネルにカードをタッチさせるだけですが、子供料金や高齢者料金など、通常の大人料金よりも安くなる場合には、カードをタッチさせる前に乗組員へ声をかけてくださいね。」

「料金の後払い式では、乗車の際に小さな紙が発行されるので、それを取るようにします。」

「その紙は、乗車地の証明書の役割を持つので、無くさないようにしてくださいね。」

「昔、昔、子供の頃を思い出し・・・懐かしいですね。」

「定額料金の場合以外では、どこから乗り、どこで降りるかで料金が変わりますよ。」

「運転席側のパネルに金額が表示されることが多いので、確認しておきましょうね。」

「現金で支払う場合も、ICカードを利用する場合も、前払い式と同じ要領ですよ。」

「ここでも、通常の大人料金よりも安くなる場合には、忘れずに乗務員への声かけをしてくださいね。」

「また、ICカードへの入金(チャージ)は、バスの中でも可能なので、チャージをする際にはチャージ金額を用意し、乗務員に聞いてみてくださいね。」

「「東武バス」の優先システムについて、お伝えしますね。」

「東武バスでは、バス優先システムも導入されていますよ。」

「バスの運行をスムーズにするために、信号での待ち時間を短縮させる取り組みですよ。」

「青信号を長くし、赤信号を短縮することで、バスダイヤの乱れへの改善につながっていますよ。」

「バスは遅れるもの、という懸念を解消してくれる便利なサービスですね。」

「それでは、「東武バス」からの乗り継ぎについてお伝えしますね。」

「目的地への乗り継ぎでバスを利用する場合は、「NAVITIME」と「ジョルダン」がおススメですよ。」

「NAVITIMEのバス時刻表では、路線バス、高速バス、空港バス、深夜急行バスの時刻表を調べることができますよ。」

「ジョルダンのバス時刻表では、路線バス、高速バス、空港連絡バス、深夜急行バスの時刻表を調べることが出来ますよ。」

「「東武バス」の時刻表や運賃について、お伝えしますね。」

「東武バスの時刻表や運賃、路線図は、「東武バスオンライン」からも調べられますよ。
・・・http://www.tobu-bus.com/pc/・・・」

「「東武バスの時刻表や運賃、路線図は、こちらですよ。
・・・http://www.tobu-bus.com/pc/search/rosenzu.html・・・」

「「東武バスの定期券の料金や種類」について、説明しますね。」

「「東武バス」では、通学定期券、都区内全線定期券、特殊近距離定期券がありますよ。」

「また環境定期券として、「東武バスセントラル」・「東武バスウエスト」・「東武バスイースト」のいずれかの通勤定期券または通学定期券をお持ちのお客様ご本人、ならびに同居する家族の方が、上記の東武バスグループ3社のバスを土曜・休日等に、お得に利用できる制度ですよ。」

「「東武バスセントラル」では、東京都内の東武バス、一般路線バス全線にご利用いただける都区内全線定期券を発売していますよ。」

「都内主要駅(北千住、五反野、西新井、竹ノ塚、綾瀬、亀有、金町)から約2㎞以内にご利用いただける「特殊近距離定期券」を発売していますよ。」

「「東武バス」の定期券の払い戻し方法をお伝えしますね。」

「定期券の有効期間に限り、下記の計算方法により、払い戻しが可能です。(払い戻しには、定期券一枚につき手数料520円がかかります。)」

「払戻し金額=定期運賃-(普通運賃×2×経過日数)-手数料520円 ですよ。」

「「東武バスのスカイツリーシャトル」について、お伝えしますね。」

「「東武バス」は、東京スカイツリータウンまでの直行バスを運行していますよ。」

「上野・浅草線は、上野・浅草・東京スカイツリータウンの直行バスで、観光回遊型のシャトルバスを運行していますよ。」

「東京駅線は、東京都と東京スカイツリータウン直行シャトルバスを運行していますよ。」

「羽田空港線は、羽田空港と東京スカイツリータウンを直接結ぶシャトルバスを運行していますよ。」

「東京ディズニーリゾート線は、東京スカイツリーと「東京ディズニーリゾート」を有機的に結ぶ効率的なシャトルバスを運行していますよ。」

「お台場線は、お台場地区と東京スカイツリータウンを直接結ぶシャトルバスを運行していますよ。」

「和光・志木線は、東武東上線と東京スカイツリーを直行バスが運行していますよ。」

「高速乗合バス・空港連絡バスは、「東武バス」の高速乗合バスですよ。」

「「東武バスの成田空港行きの空港連絡バスについて、お伝えしますね。」

「大宮駅・さいたま新都心駅~成田空港線(ONライナー)がありますよ。」

「大宮駅・埼玉新都心駅~成田東武ホテルエアポートーホテル送迎バスー成田空港(ONライナー・成田前泊プラン)がありますよ。」

「新越谷駅・草加駅・八潮駅~成田空港線(しらこばと号)がありますよ。」

「森林公園駅・坂戸駅・川越駅~成田空港線がありますよ。」

「ふじみ野駅・新座車庫・志木駅・朝霞台駅~成田空港線がありますよ。」

「東武バスの羽田空港行きの空港連絡バスについて、お伝えしますね。」

「新越谷駅・草加駅・八潮駅~羽田空港線がありますよ。」

「北千住駅~羽田空港線がありますよ。」

「ふじみ野駅・志木駅・朝霞台駅~羽田空港線がありますよ。」

「柏駅・柏の葉キャンパス駅~羽田空港線がありますよ。」

「東京スカイツリータウン・錦糸町駅~羽田空港線がありますよ。」

「上尾駅・桶川駅―羽田空港線がありますよ。」

「「東武バスセントラル」の管轄地域は、足立区・草加市・葛飾区・三郷市・八潮市・吉川市・流山市ですよ。」

「「東武バスウエスト」の管轄地域は、さいたま市・上尾市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島市・川島町・ふじみ野市・富士見市・和光市・朝霞市・志木市・新座市・富士見市ですよ。」

「東武バスイーストの管轄地域は、柏市・流山市・野田市ですよ。」

「東武バス日光の管轄地域は、日光市ですよ。」

「路線バス・観光バスの移動がこんなに楽しいなんて・・・きっと、日本が安全で美しい国だからでしょうね。」

「日本にしかないマナーや、“おもてなし”の心を大切にしましょうね。」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事