「東京の名物「東京スカイツリー」は、高さ634m、世界一高いタワーですよ。」

「世界で注目を集めていますね。」

「「東京スカイツリー」の展望台は、東京の景色を一望でき、非常にロマンティックなスポットですよ。」

「夜景を見ているカップルたちのデートスポットとして、とても人気がありますよ。」

「ここでカップルが誕生したり、プロポーズから結婚に至った人たちは、どれほど多いことでしょうね。」

「もし、東京に来た際には「東京スカイツリー」の展望台に立ち寄り、ロマンティックで美しい景色を是非是非!堪能してくださいね。」

「きっと、その光景は一生脳裏から消えない事でしょう。」

「「東京スカイツリー」に最も近い駅は、「とうきょうスカイツリー駅」ですよ。」

「この駅は上野駅、北千住駅などに乗ると、スムーズに到着することができますよ。」

「とうきょうスカイツリー駅からは徒歩1分で着くため、最良のアクセスですよ。」

「空を見上げたとたん、そこはスカイツリーですよ(笑)。」

「また、地下鉄の「押上駅」から、スカイツリーも非常に近い距離にありますよ。」

「東京駅からJR錦糸町駅で、一回乗り換えただけでたどり着くことができますよ。」

「こちらの地下鉄からも徒歩1分なので、スカイツリーはアクセスには非常に恵まれていますよ。」

「「東京スカイツリー」は、東京都墨田区押上一丁目にある電波塔(送信所)ですよ。」

「既存の電波塔の東京タワーが位置する都心部では、超高層建築物が林立して影となる部分に電波が届きにくくなったほか、ワンセグやマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるようにするなどの目的もあって、2000年頃から首都圏各地で新タワーについての誘致活動が行われましたよ。」

「「スカイツリー」の周辺には、“東京ソラマチ”と言う新しい下町流がコンセプトになっている、312種類もの店舗を構えた商業施設がありますよ。」

「他に、東京スカイツリーイーストヤードにあるコニカミノルタプラネタリウム天空があり、そこで美しいプラネタリウムを観賞する事が出来ますよ。」

「1時間ごとに作品が順番に上映されますが、子供向けや大人向け等あり、アロマの心地よい香りに包まれながら楽しめる、デートスポットとして良いでしょう。」

「他には、完全人工海水化を実現した“すみだ水族館”があり、国内最大級の屋内解放プールで泳ぐペンギンたちがとてもかわいらしく感じますよ。」

「自由通路になっているので、どの方向から見たり行ったりしても様々な工夫がされており、写真映えする仕組みになっていますよ。」

「ソラマチ内の産業観光プラザである“すみだまち処”では、スカイツリーのある墨田区の魅力を表現してくれるスポットもありますよ。」

「少し歩いていけば、昔ながらの商店街や墨田公園など、魅力に溢れたスポットが密集していますよ。」

「「東京スカイツリー」の料金・入場料は、大きく分けると2つあります。それは、展望デッキと展望回廊ですよ。」

「何故?・・・それは、各入場料の支払いによって、エレベーターで上がることができる高さが異なるためですよ。」

「「東京スカイツリー」の展望デッキ(天望デッキ)の料金は、2,570円ですよ。」

「展望デッキとは、基本料金である2,570円を払えば、だれでもエレベーターで上がることが出来ますよ。」

「「東京スカイツリー」の展望デッキの高さは、350メートル、東京下町の大空から眺める景色は、多くの人を感動させていますよ。」

「スカイツリーの展望台の高さは、東京タワーと比較すると2倍以上です。ホント!高いですね。」

「展望デッキから眺めることができる富士山は、とても美しく、ダイヤモンド富士と表現されていますよ。」

「特に、日没の時間帯から眺めると、夕日に照らされた、輝くダイヤモンド富士を見ることが出来ますよ。」

「「東京スカイツリー」展望回廊(天望回廊)の料金は、1,030円ですよ。展望回廊へ行くためには、必ず展望デッキを経由しなければいけませんよ。」

「そのため、必ず展望デッキの利用料2,570円を支払わないといけませんよ。」

「つまり、展望回廊にいくためには、展望デッキと展望回廊の料金の合計金額3,600円を支払う必要がありますよ。」

「ちょっとお高いかな~と思いますが、その分価値があるみたいですね。」

「「東京スカイツリー」の頂点は、634メートルあり、ギネス世界記録に、世界一高い電波塔として認定を受けていますよ。」

「「東京スカイツリー」は、未来の技術を肌で感じることができる、美しい建築物ですね。その美しさは外から眺めるだけでもうっとりするほどですよ。」

「「東京スカイツリー」の料金は、個人料金と、事前申し込みが必要な15人以上の団体料金とに分かれていますよ。」

「それでは、地上350mの東京スカイツリーの展望デッキの料金をお知らせしますね。」

「基本的に当日券のほうが安く、18才以上・大人料金は2,060円、中学生高校生等中人は1,540円、小学生の小人は940円、それ以下の幼児は620円になりますよ。」

「東京スカイツリー展望回廊の料金は、大人1,030円、中人820円、小人510円、幼児310円になり、いずれの料金でも障がい者は表示されている額の半額になりますよ。」

「団体での料金の場合、東京スカイツリー展望デッキの場合は通常よりも一人当たりの料金が2割程度割引で利用可能になりますが、展望回廊の場合は特に割引になる事はありませんよ。」

「一般団体の場合大人1,850円、中人1,390円、小人830円、幼児560円になりますよ。」

「学校団体の場合、大人1,650円、中人1,230円、小人740円、幼児490円になりますよ。」

「団体での入場の場合、15人以上で事前申し込みが必要になりますよ。」

「学校団体料金の場合は、障がい者料金と併用しての適用は出来ませんので、その点は注意してくださいね。」

「天望回廊の入場には、天望デッキのチケットが必要になりますよ。」

「「スカイツリー」の予約方法としては、インターネットかセブンイレブンから購入する形になっていますよ。」

「「スカイツリー」の料金・入場料金は、インターネット予約で朝割プランを選択すると割引料金が適用されますよ。」

「予約購入のみ天望デッキと天望回廊のセット券が販売していますので、通常購入するよりもお得に利用する事が可能になっていますよ。」

「展望デッキと展望回廊の合計金額は、3,600円となっていますが、朝割が適用されると、3,000円とかなり安くなり、お得ですよね。」

「ただし、朝割プランですので、入場できる時間帯に制限がありますよ。朝8:00から9:30までに東京スカイツリーに入場する必要があるので注意してくださいね。」

「インターネットの場合は、スカイツリーWEBチケットサイトにアクセスし、空き状態を確認してからクレジットカード決済をしますよ。」

「入場時は、購入時に使用したクレジットカードが必要になりますので、持参しましょう。」

「セブンイレブンでは、店内に設置されているマルチコピー機から購入可能になっていますよ。」

「インターネット販売とは違い、クレジットカード以外に現金や電子マネー等の支払いが可能になっていますよ。」

「どちらも共通して日時指定が出来ますので、スムーズに入場が可能になりますし、朝割というものを利用すれば、お得に利用する事が可能になっていますよ。」

「キャンセルは入場日前の23時59分までになっており、キャンセル料は500円かかりますよ。」

「「東京スカイツリー」の営業時間は、「8:00~22:00」ですよ。」

「「東京スカイツリー」は朝早くから開いているので、朝の景色から夜景まで幅広く楽しむことができますよ。」

「また、「東京スカイツリー」公式ホームページでは、「混雑予想」といって、スカイツリーが混雑されるであろう時間帯を予想してくれていますよ。」

「おおかた、10:00~19:00までが混雑する時間なので、それを見越した行動をすることも大事ですね。」

「「東京スカイツリー」公式ホームページは、こちらですよ。
・・・http://www.tokyo-skytree.jp/・・・」

「日本の芸術は、浮世絵でも広く世界に知られていますね。」

「あなたは、日本人の感性を信じますか?」

「東京に生まれたもうひとつのシンボル「東京スカイツリー」は、まさに日本人の感性そのものですね。」

「「東京スカイツリー」の圧倒的な美しさを堪能したいと、思いませんか?」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事