「浜松駅構内図を、ご存知ですか?」

「よく知らないんで、調べてみました。」

「JR浜松駅は、東海道新幹線と在来線の東海道本線が乗り入れる浜松市の中心駅であり、新幹線・在来線間の乗換駅としても機能していますよ。」

「隣接する遠州鉄道の新浜松駅と合わせて、静岡県西部の拠点駅としても機能していますよ。」

「新幹線は、「こだま」の全列車が毎時2本と、東京駅- 岡山駅間(一部、東京駅 –名古屋駅・新大阪駅・広島駅間)の「ひかり」が毎時1本停車しますよ。」

「また朝・夜に当駅発着の「こだま」が1.5往復(上り2本、下り1本)設定されていますよ(2018年3月17日現在)。」

「「のぞみ」は停車しませんよ。」

「一部の「ひかり」は上下とも当駅で「のぞみ」の通過待ちをしますよ。」

「在来線は、日中は静岡方面が毎時4本(掛川行1本,静岡以東行3本)、豊橋方面が毎時3本運転されていますよ。」

「また通勤客向けに当駅と静岡・沼津間を結ぶホームライナーが設定されていますよ。」

「特急列車は、寝台特急の「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の下り列車が停車するのみですよ。」

「駅構造は、新幹線・在来線ともに高架駅ですよ。」

「東改札(メイワン・アクトシティ連絡)は、新幹線在来線乗り換えコンコースの在来線側に設置されており、駅ビル「メイワン」を経てアクトシティ浜松の連絡通路へつながっていますよ。」

「利用できる時間は7時40分から21時15分までで、近距離用の自動券売機が設置されていますよ。」

「自動改札機のみで有人通路はないが、駅係員がいることが多く非自動化券を持っている場合は業務用通路から出場の便宜を図ってもらえることがありますよ。」

「一旦「メイワン」の2階に入る構造になっているが、メイワン営業時間外でも改札口の利用時間であれば利用できますよ。」

「浜松駅の駅弁は、自笑亭が販売していますよ。」

「主な駅弁としては、浜の釜めし、浜松三ヶ日牛&遠州しらす弁当、しらす弁当、
浜松三ヶ日牛弁当、遠州の夢の夢ポーク弁当、喧嘩凧、出世大名 家康くん弁当、出世法師 直虎ちゃん弁当、濱松うなぎ飯などがありますよ。」

「地方から来る人や普段あまり浜松駅を利用しない人にとっては、出口や改札がたくさんあってわかりにくいというのが正直なところですね。」

「「浜松駅」は、静岡県浜松市中区に位置するJR東海の駅ですよ。」

「在来線だけでなく東海道新幹線も乗り入れており、乗換駅として重要な役割を担っていますよ。」

「そのため、浜松駅構内図は、路線図を中心に見るとその全体像をとらえやすいと言われていますね。」

「在来線は2面4線の式島ホームとなっており、下り本線の外側に通過線を持つのが特徴ですよ。」

「また、その両方向に2本ずつ留置線が配置されているため、始発終着となる列車の簡単な整備がここで行われていますよ。」

「一方、東海道新幹線は2面2線の相対式ホームとなっており、中央の本線2線が西側から浜松工場に向けて分岐していく構造になっていますよ。」

「その上下ホームとも両端に系列ごとの停車位置表示があるのも特徴ですよ。」

「なお、近くを走る遠州鉄道の駅名は「新浜松駅」で浜松駅ではありませんよ。」

「駅としては隣接する構造となっており、浜松駅北口から遠州鉄道新浜松駅へアクセス可能ですよ。」

「利用する際には間違えないようご注意くださいね。」

「JR東海では、高齢のお客様や身体の不自由なお客様が安心して鉄道を利用していただけるよう、設備、サービス両面の取組みを行っていますよ。」

「歩行の不自由なお客様(「ハンドル形電動車いす」を使用のお客様)は、駅における案内および列車乗降のお手伝いが必要な場合がありますよ。」

「車いす対応のエスカレーターの操作が必要な場合は、係員がさせていただきますよ。」

「駅へは余裕を持って早めにお越しくださいね。」

おすすめの記事