「おはようございます。・・・窓を開けて朝の空気を思い切り吸い込んでみました。」

「何故って?・・・」

「最近疲れがなかなか取れなくて、朝も、昼も、夜もだるくてしんどいのです。」

「「ニンニク」が身体の疲れを取ってくれると、職場の仲間が教えてくれましたよ。」

「しかし、「ニンニク」のあの臭いは・・・やはり無理!」

「そこで、「ニンニク」のことを、いろいろ調べてみることにしました。」

「「ニンニク」に含まれる栄養素は、疲労回復や体力増強に効果があり、古代エジプトではピラミッド建設の際に労働者にニンニクが与えられましたよ。」

「日本でも、江戸時代に薩摩藩士が成し遂げた参勤交代は、このパワーの源がニンニクだったと言われていますよ。」

「歴史からも、ニンニクには身体を元気にするパワーが豊富に含まれていることが分かりますね。」

「「ニンニク」は、ガンバナ科ネギ属の多年草で、球根を香辛料として用いていますよ。」

「日本では、ニンニクやノビル(野蒜)など鱗茎を食用とする臭いの強い(ネギ属の)植物を総称して蒜(ひる)と呼んでいましたが、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称していますよ。」

「生薬名は大蒜(たいさん)ですよ。語源は困難に耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされますよ。」

「5月頃に白い小さな花を咲かせますが、栽培時には鱗茎を太らせるために花芽は摘み取りますよ。」

「摘み取った茎は、柔らかい物であれば野菜として利用されますよ。」

「一般的に見かけるニンニクは分球ニンニクがほとんどですが、一片種と呼ばれる中国のプチニンニクなどの種類もありますよ。」

「ジャンボニンニクあるいは無臭ニンニクと呼ばれるものは、ニンニクとは別種であり、リーキ(ポロネギ)の1変種ですよ。」

「「ニンニク」の原産地は中央アジアと推定されますが、すでに紀元前3200年頃には、古代エジプトなどで栽培・利用されていましたよ。」

「また、現存する最古の医学書「エーベルス・パピルス」には、薬としても記載されていますよ。」

「中国には紀元前140年頃伝わり、日本には中国を経て8世紀頃には伝わっていたと見られますよ。」

「現在、「ニンニク」の生産量は、中国が世界の8割を占めていますよ。」

「日本国内の流通においては、国産ニンニクの80%を青森県が占め(市町村では十和田市)、次いで香川県の出荷が多いですね。」

「青森県田子町は、早くからブランド化に取り組んでいますよ。中国国内でも、青森県産ニンニクはブランド化していますよ。」

「「ニンニク」は、肉の臭みを消し、料理に食欲をそそる香味を付けますよ。」

「「ニンニク」は、香味野菜の代名詞的存在で、中国料理、韓国料理、イタリア料理、フランス料理など、さまざまな料理に用いられますよ。」

「中華料理・イタリア料理などでは、調理油でまず最初にニンニクのみじん切りを炒め、油に香りを移す調理法が使われていますよ。」

「油が冷たいうちにニンニクを入れ、弱火で炒めるのがコツですよ。」

「中華料理では、球根だけでなく、葉(葉ニンニク)や茎(いわゆる「ニンニクの芽」)も香味野菜として利用されますよ。」

「皮をむいたニンニクの球根を乾燥させ、粉末状にした「ガーリックパウダー」もありますよ。」

「乾燥させることで生よりも臭気を抑えられることもあり、ガーリックトーストをはじめとする各種料理に用いられていますよ。」

「「ニンニク」は、糖質の分解を促す(ビタミンB1の効果を高める)アリシンも含まれています。ビタミンB6の含有量が全食品の中で非常に多い部類に入りますよ。」

「ビタミンB1を豊富に含む豚肉は、ニンニクと一緒に食べるとビタミンB1が吸収されやすくなると言われていますね。」

「なお、「ニンニク」は、結腸癌、直腸癌の予防の観点で、リスク低下がほぼ確実とされていますよ。」

「「ニンニク」は、デザイナーフーズ計画で癌予防効果が高い食材であると位置づけられていますよ。」

「また、「ニンニク」を摂取することで、消化器系の感染予防になることを証明されていますよ。」

「「ニンニク」の独特の臭いである“アリシン”には、抗菌作用がありますよ。」

「しかし、「ニンニク」の過剰な摂取は胃腸障害を含めた副作用を起こす場合がありますよ。くれぐれも食べ過ぎないでくださいね。」

「最近、テレビで「熟成まるごと黒ニンニク」のことを知りました。」

「そもそも、「黒ニンニク」って何?・・・」

「つうはん本舗の「熟成まるごと黒にんにく」は、外側の皮はほんのりと茶色く、中身は真っ黒ですよ。」

「これは、もともと中身が黒い品種のニンニクを使用しているわけではありませんよ。」

「青森県産のニンニクを厳密に管理された温度・湿度の中で、有機米を素材に発酵させた玄米発酵液と遠赤外線を利用してじっくりと熟成させるという、特殊な製法で加工していますよ。」

「その結果、白いにんにくが徐々に黒くなって、ポリフェノール・アミノ酸がたっぷりで美味しいプルーンのような「熟成まるごと黒にんにく」ができあがりますよ。」

「つうはん本舗「熟成まるごと黒にんにく」の特徴をお伝えしますね。」

「①青森県産 福地ホワイト六片種は、有機農法にこだわり栽培しています。このニンニクは実が雪のように白く、甘味があり、実が大きいのが特徴ですよ。」

「②青森県産のにんにくを厳密に管理された温度・湿度の中で玄米発酵液と遠赤外線を利用し、約1カ月以上かけてじっくりと熟成させるという、特殊な製法(特許製法)で加工しますよ。」

「また、一般的な黒にんにくの賞味期限は6カ月~1年ですが、「つうはん本舗」の黒にんにくは賞味期限が2年と長く、これは、熟成技術・品質管理が優れている証ですね。」

「③特許製法で作られた「熟成まるごと黒にんにく」は、元気と美容に嬉しい・アミノ酸・抗酸化カ・ポリフェノールが大幅にアップしていますよ。」

「黒ニンニクは白ニンニクと比べて、アミノ酸が約2.3倍、抗酸化力約2.2倍、ポリフェノール約7.9倍・・・これは赤ワインのなんと13倍ですよ。」

「④「熟成まるごと黒にんにく」は、特許製法により、ニンニク特有の不快なニオイを著しく低減させることに成功し、臭いを気にせずに食べることが出来ますよ。」

「黒ニンニクは、食後30分~90分程度で口臭がほとんどなくなりますよ。」

「毎日忙しい・・・なんだかぼんやりする・・・十分休めていない・・・テキパキと動けない。そんなあなたには、「やわたの熟成にんにく卵黄」をおススメします。」

「やわたでは、福地ホワイト六片に熟成という加工をほどこし、さらに栄養を高めましたよ。」

「「やわたの熟成にんにく卵黄」は、青森県産「福地ホワイト六片と、平飼い鶏の有精卵を職人の手により30日間熟成し、にんにくのパワーを閉じ込めることに成功していますよ。」

「にんにく卵黄を作る際に重要な卵は、新鮮な平飼い有精卵のみを使用していますよ。」

「衛生管理、栄養管理がされ、のびのびと動き回る平飼い鶏の卵は、栄養価が抜群ですよ。」

「タンパク質はもちろん、体で合成できない必須アミノ酸も含まれている平飼い有精卵は、栄養価を損なわないように、鮮度が良い内に、丹念に加工していますよ。」

「やわたの「熟成にんにく卵黄」は、まさに熟成した黒ニンニクの力を体感できる栄養補助食品ですね。」

「年齢が一つ上がる度に肌の荒れが気になる。疲れが顔に出る。そんな日々の暮らしや仕事の疲れ、ストレスからの肌の荒れに悩んでいる女子に朗報ですよ。」

「黒酢サプリ「三黒の美酢」は、家事に仕事に忙しい人の「美」をサポートしていますよ。」

「「三黒の美酢」は、累計販売数44万袋を突破し、2017年度「黒酢にんにくランキング」第1位に輝いていますよ。」

「「三黒の美酢」が人気なのには秘密がありますよ。それを紹介しますね。」

「「三黒の美酢」は、素材にとことんこだわっているから、実感力が違いますね。」

「宮崎県・黒酢もろみ、宮崎県・完熟黒にんにく、鹿児島県・有精黒卵黄油ですよ。」

「原材料は、DHA/EPA、黒酢もろみ末、発酵黒にんにく、黒卵黄油、ゼラチン、グリセリンミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル等ですよ。」

「今、28才の女性からメッセージが届いていますよ。」

「飲み始めてから、ツヤツヤが増したような気がします。ずっと綺麗でいるために続けて飲んでいきます。」

「友達に「何かやってる?」「綺麗になった」って言われるようになりました。」

「嬉しいメッセージが続々と届いています。やっぱり「三黒の美酢(さんごくのみず)」
は、頑張る女性の味方なんですね。」

「今なら「三黒の美酢」通常価格2,800円が、送料無料で980円(税別)!65%OFF!
(1日2粒目安で1カ月分)ですよ。」

「2袋セットで更にお得ですよ。通常価格5,600円が、送料無料で1,960円(税別)65%
OFF!ですよ。」

「2回目からは、5%OFFの2,660円(税別)で届けていますよ。」

「寝ても何だかスッキリ!しない・・・」「潤いを感じない・・・」「見た目年齢が老けている・・・」、そんな悩みとは“さようなら~!”しましょうね。」

「明日の自分に自信を持つって素敵だと思いませんか?」

「九州産の三つの素材の力を信じて、「三黒の美酢」続けてみませんか?」

「「ニンニク」ってどれほど凄いのかを知ったところで、ニンニクを使った料理を作ってみたいという気になりませんか?」

「それでは、288万レシピを公開している「クックパット」から、人気のレシピを紹介しますね。」

「ガッツリ食べられる「スペアリブwithペッパー&ガーリック」は、こちらですよ。」

「材料として、豚スペアリブ350g、★にんにく(おろし)10g、★粗挽きコショウ 適宜、★日本酒 小さじ2、★みりん 小さじ2、★しょうゆ 小さじ2、★ハチミツ 小さじ2、★アマニ油 小さじ1 ですよ。」

「カットされたスペアリブに★を合わせて、お肉とともにストックバックにイン!」

「冷蔵庫に半日くらい寝かせます。」

「フライパン用のアルミホイルの上に乗せます。」

「アルミホイルで包み&蓋をして蒸し焼きにします。表裏各7~8分、中弱火~中火でじわっと焼きます。」

「余分な脂も落ち、ほどよく焼き目もついた、柔らかお肉の出来上がりですよ。」

「コツ・ポイントは、こちらですよ。」

「おろしニンニクと多めの粗挽きコショウを前面にした味付けにします。」

「しばらく漬け置いて、味を染み込ませます。」

「蒸し焼きにして、柔らかさを引き出します。」

「簡単なのに、奥が深いですよ。美味しくガッツリ食べられるので、キャンプやバーベキューにもホント!美味しいですよ。」

「旬のアスパラを美味しく食べるレシピは、「アスパラガスのニンニク卵炒め」ですよ。」

「材料は、アスパラガス 1束、ニンニク 1個、卵 3個、粉チーズ お好みで、塩胡椒 お好みで、オリーブオイル 大さじ2ですよ。」

「①ニンニクはみじん切り。アスパラガスは根元を皮むき器で剥いでからさっと茹で、2センチの長さに切る。」

「②フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを炒め香りを出す。アスパラを投入し、さっと炒める。」

「③卵3個に、粉チーズと塩胡椒を混ぜたボールに炒めたアスパラを投入します。」

「④フライパンにオリーブオイルを入れ熱くし、そこに一気にアスパラ入りの卵液を入れる。ゴムベラなどでさっと混ぜて火を止める。」

「コツ・ポイントは、こちらですよ。」

「アスパラは、さっと茹でること。根元の方は皮むき器で外側を剥ぐこと。その時、手応えで硬さがわかるので、硬いな、と思ったら下3cmくらいに切り落とす。ニンニク炒めは切り落とした物だけで作っても美味しいですよ。」

「旬のアスパラは、柔らかくて美味しいので、他の食材ともよくマッチしますよ。」

「何より、ビールのおつまみに最適ですね。」

「私たちの体は環境やストレス、年齢によっても消耗してしまいますよね。」

「毎日の積み重ねが非常に大切だと思いますよ。」

「身体の中まで強くしなやかなのは、美しさにも通じるものですね。」

「年齢に負けない体づくりは、今から「にんにく」のパワーで乗り切りませんか?」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事