「遠い昔の話ですが、・・・度々図書館に足を運んでいましたよ。」

「図書館に入ると、プ~ンと漂う本のインクのニオイが好きだったのですね。」

「その後、必ず新しい本、魅力ある本を探しに「紀伊国屋」に立ち寄ったものです。」

「すべては、懐かしい思い出ですね。」

「本を読むことは、心を育みますね。同時に脳が引き締まった感じがするのは、私だけでしょうか(笑)。」

「「株式会社紀伊国屋書店(きのくにやしょてん)」は、日本の書店・出版社ですよ。」

「1927年(昭和2年)1月22日に創業、1946年(昭和21年)1月16日に法人設立しましたよ。」

「本社事務所は、東京都目黒区目黒三丁目7番10号ですよ。」

「「株式会社紀伊国屋は、ナショナルチェーンとも呼ばれ、日本全国に店舗をもつ有力チェーン書店であるのみならず、アメリカ合衆国・東アジア・オーストラリアにも進出していますよ。」

「「紀伊国屋」は、「紀伊国屋演劇賞」を主催し、紀伊国屋ホール、紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAと、劇場を2か所経営していますよ。」

「出版部門は、PR誌「scripta」と人文書が中心ですよ。」

「他社において「営業部」「販売部」と呼ばれる出版営業を扱う部署は、「ホールセール部」と呼ばれますよ。」

「現在、「紀伊国屋」書店には、オンラインストアがありますよ。」

「「紀伊国屋」書店は、とても便利な駅近くにあることが多いので、混雑していることも多々あるので、ゆっくり探したい人におススメですよ。」

「カテゴリごとに探すこともできますし、キーワードで検索することも出来ますよ。」

「オンラインストアの会員登録は、「無料」ですることができますよ。」

「会員登録をすると、自分のページから購入履歴を見ることもできますし、お気に入りの筆者は登録することが出来ますよ。」

「「紀伊国屋」書店では、紀伊国屋ポイントというものがあり、100円で1ポイント付き、1ポイント1円として使うことができますよ。」

「店舗でポイントカードを作ると、オンラインストアで貯まったポイントを店舗でも利用することが出来ますよ。」

「「紀伊国屋」書店の送料は300円で、1回の利用額が1500円以上の場合は送料がかかりませんよ。」

「また、誰かにプレゼントしたいときは、有料でラッピングもしてくれるので、大変便利ですよ。」

「「紀伊国屋」では、和書、洋書に関して、オンラインストアで店舗の在庫を取り置きすることも可能ですよ。」

「店舗では古書と洋古書の取り扱いはしていないのですが、オンラインストアでは洋古書のみ販売されていますよ。」

「「紀伊国屋」のオンラインストアでは、ブックカバーのサービスは行っていないので、ブックカバーを付けて欲しい商品は店舗で購入することをおススメしますよ。」

「「紀伊国屋」では、電子書籍も取り扱っていますよ。」

「「Kinoppy」というサービスで、すぐに読める無料の小説やコミックもありますよ。」

「週間ランキングもあり、今人気の電子書籍が一目でわかりますよ。」

「「Kinoppy」は、無料の本だけでなく、割引セールされている書籍や試し読みできるものなどもカテゴリに分かれていて、見つけやすくなっていますよ。」

「「Kinoppy」・電子書籍を利用する時も、オンラインストアと同様に会員登録が必要ですよ。」

「会員登録をすると、自分のページが出来ますよ。」

「「紀伊国屋」で購入した電子書籍が表示されますよ。」

「購入後ダウンロードが完了している作品は、インターネットがつながっていなくても読むことができますよ。」

「電子書籍は、海外に住んでいる人でも利用できますよ。」

「日本で利用している会員と同じように、海外在住の人向けのページから会員登録が必要になりますよ。」

「海外在住の方が利用する場合は、支払い方法はクレジットカードのみになっているので注意してくださいね。」

「海外からでも日本の書籍を見ることができるのは、嬉しいことですね。」

「「Kinoppy」で貯まったポイントは、1ポイント1円で使うことができますよ。」

「店舗とオンラインストアと共通で貯めることも使うことも出来るので、上手く活用してお得に買い物をしましょうね。」 

「今は電子書籍などのオンラインが充実しているので、本がより身近になり、取り寄せることが出来るので、本屋さんへ足を運ぶ機会が少なくなりましたね。」

「本当を言えば、私は結構アナログ的な人間なので、あの紙のインクのニオイが今でも大好きなんです。」

「「紀伊国屋」は駅から3分~5分以内という便利な立地条件が多く、待ち合わせの場所にもよく使われますよね。」

「ちなみに、私も学生時代の待ち合わせ場所は、たいてい「紀伊国屋」の前でしたよ。」

「「現在、新宿の「紀伊国屋」では、ビルのフロアも地下から8階まであり、100万冊の品揃えでジャンルも多岐に渡りますよ。」

「書籍はもちろん、別館にはDVDとコミックの専門店まであり、何でも揃っていますよ。在庫のない商品でもすぐに取り寄せてくれるので、大変便利ですよ。」

「「紀伊国屋」新宿店では、常にイベントが開かれていて、作者のサイン会、トークショーや体験型のイベントまで行っていますよ。」

「ちなみに、又吉さんの「花火」は、イベントの時に手に入れ、心トキメキながら読みましたよ(笑)。」

「次は、アイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキさんの書き下ろしを読んでみようかなと思っています。」

「イベント開催時は、新宿本店でしか手に入らないグッズなどもあるそうですよ。」

「スケジュールはインターネットで確認できるので、必ずチェックしてくださいね。」

「もしかして、店内で探している本が見つからない時は、“キノナビ”という機械がありますので、それで探すことが出来ますよ。」

「“キノナビ”は、各階に置かれているので、探している本の在庫や場所をすぐ見つけ出してくれるため大変便利ですよ。」

「また、一定額以上購入すると、自宅まで無料配送してくれるサービスがありますよ。」

「本は傷まないので、まとめてたくさん買うのも良案ですね。」

「子供の頃に読み聞かせてもらった童話は、今、幼子や孫に読み聞かせたい「お話し」となっていますよ。」

「本はいつの時代にも暮らしのすぐそばにあると、改めて感じています。」

「お仕事帰り、散歩の途中、紀伊国屋書店を覗いてみませんか?・・・あの懐かしいインクのニオイに癒されますよ。」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事