「大型連休は、子供達だけでなく、大人もワクワク!気分ではないでしょうか。」

「海外もいいけれど、予算のこと、日程のこと、色々悩んでしまいますよね。」

「出来るだけ近場で、アクセスも良く、海と山の良い所を満喫したい!」

「家族や友達と話し合ってみました。」

「「白浜・アドベンチャーワールドが有るじゃない!」・・・誰かの声が響きました。」

「今年の連休は、これで決まり!」

「こんな近場に温泉があり、海があり、パンダも見られて、イルカショーにも参加できる・・・感動!ですね。」

「白浜の夜空もキレイ!ですよ。・・・ちなみに、“北斗七星”が一段と輝いていますね。」

「「アドベンチャーワールド」の最大の見どころは、やはり日本最多の頭数を誇るパンダの展示でしょう。」

「その特徴は、なんといってもパンダとの距離ですね。」

「ササを食べる音が聞こえるほど近くで見られる動物園は、「アドベンチャーワールド」をおいてほかにありませんよ。」

「ジャイアントパンダを近くで見られて、しかも時間無制限、ゆっくり見物が出来、しかも9頭もいるので大興奮ですね。」

「和歌山「アドベンチャーワールド」のパンダは、近くで見放題だけでなく、エサやりも出来るんですって・・・。」

「パンダたちは、「家族」なのです。かわいらしいパンダファミリーの生活を見るだけで癒されますよ。」

「「アドベンチャーワールド」では、水族館でイルカと触れ合うことができますよ。」

「さらに、ビッグオーシャンで行われる「マリンライブ」も、イルカやクジラたちの迫力を存分に味わえるパフォーマンスとなっていますよ。」

「「アドベンチャーワールド」では、ペンギンやシロクマといった定番の動物たちも海獣館で見ることが可能ですよ。」

「それに加え、ふれあい広場ではカワウソが餌を食べる様子が見られたり、チンパンジーについてのレクチャーを受けることができたりと、いろいろな動物たちとの触れ合いを楽しめるようになっていますよ。」

「子供たちも、きっと大喜びですよ。」

「「アドベンチャーワールド」は、和歌山県の白浜にある「動物園・水族館・遊園地」が一体になったテーマパークですよ。」

「ゴールデンウィークや大型連休の際には、家族で遊びに来る人や、友達同士で遊びに来る人たちで賑わっていますよ。」

「1978年4月22日のオープン当初は、「南紀白浜ワールドサファリ」という名称でしたよ。」

「「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマに、日々新たなことに取り組み挑戦していますよ。動物園・水族館・遊園地の3つを併せ持つ全国でも珍しいスタイルのテーマパークですよ。」

「「アドベンチャーワールド」は、「サファリ―ワールド、マリンワールド、エンジョイワールド」のエリアから出来ていますよ。」

「「アドベンチャーワールド」は、こちらですよ。
・・・http://www.aws-s.com/facility/・・・」

「それでは、気になる1DAYの入園料をお伝えしますね。
<大人(18才以上)・・・4,500円>
<シニア(65才以上)・・・4,000円>
<中人(12~17才)・・・3,500円>
<小人(4~11才)・・・2,500円>
ですよ。」

「この料金の中には、「入園+マリンライブ観覧+ケニア号でのサファリ見学」が含まれていますよ。」

「「アドベンチャーワールド」には、2日間入園料や、年間パスポートなどもありますよ。」

「事前にチケットストアでの購入も出来ます。チケットブースに並ばずに入園できますので、便利ですよ。」

「また、「アドベンチャーワールド」のチケット料金は、「団体」で購入した場合、大幅に割引されますよ。」

「25人の申し込みで、18才以上のお客様が4,050円で入場できるようになっていますよ。」

「もし、多数の家族でアドベンチャーワールドに行くという場合は、間違いなく利用するようにしましょう。」

「すでに行くことが決まっている場合、チケットストアで事前に購入されては如何でしょうか。」

「チケットストアは、こちらですよ。・・・http://adventureworld.co.jp/index.php・・・」

「「アドベンチャーワールド」は、基本的に、水曜日が休演日になっていますよ。」

「その他、不定期で休園になることもありますので、事前に公式ホームページで確認するようにしてくださいね。」

「「アドベンチャーワールド」では、3つの構成テーマパークをすべて網羅したいという方は、遊園地を最後にして、まずは生き物とのふれあいから入ったほうが、疲れないまま遊園地で遊ぶことができますよ。」

「動物園や水族館で行われる動物ショーは、しっかりと把握しておくことも必要ですよ。」

「集中的に1つのテーマパークを楽しみたいという方は、まずはガイドブックを手に入れましょう。」

「本日のイベント情報に、おススメのこだわりポイントを掲載しています。それを見てプランを立てましょうね。」

「おススメプランは、「期間限定イベント」をまずは堪能して、その後、いつも行われている展示物やアトラクションを楽しむという方法ですよ。」

「期間限定イベントを早めに見ておいた場合、見損なう可能性がぐんと減るんですよ。」

「「アドベンチャーワールド」が企画している「ツアー」も利用してみましょう。1日全ての時間を無駄にすることなく楽しめますよ。」

「パンダと出会うためのツアーも、開催されているそうですよ。」

「「アドベンチャーワールド」は、12月~1月の間は10時~17時まで営業を行っており、3月~11月は開始時間が9時30分となっていますよ。」

「休園日は水曜となっていますが、営業を行っている場合もあるため、カレンダーを確認する必要がありますよ。」

「また、夜の動物園を体感できるイベントであるウィンターナイト・サマーナイトを開催している時期は、20時30分まで営業時間が延長されていますよ。」

「予定が変更になる可能性があるので、確認の上、アドベンチャーワールドに来園してくださいね。」

「「営業時間/休園日について」は、こちらですよ。
・・・http://www.aws-s.com/guide/opening_hours・・・」

「「アドベンチャーワールド」へのアクセスについて、お伝えしますね。」

「「アドベンチャーワールド」は、和歌山県西牟婁郡白浜町にある動物園ですよ。」

「まず、車の場合、南紀白浜インターチェンジと南紀田辺インターチェンジから国道と
県道を経由していくのが一般的ですよ。」

「前者の場合、インターチェンジを降りてからおよそ5㎞、後者の場合はインターチェンジを降りてからおよそ12㎞で、アドベンチャーワールドに到着することができますよ。」

「バスの場合は、京都駅八条口、大阪駅JR高速バスターミナルからそれぞれバスが出ていますよ。」

「東京方面からは、「とれとれ市場」から路線バスでおよそ10分をかけて向かうことになりますよ。」

「所要時間は、京都から約4時間、大阪から約3時間半、東京方面から約12時間となっていますよ。」

「電車での最寄駅はJR白浜駅で、そこからは路線バスで10分ほどで到着しますよ。」

「また、飛行機の場合、南紀白浜空港から路線バスでおよそ5分となっていますよ。」

「「アドベンチャーワールド」の駐車場は、普通車1日で、1,200円ですよ。」

「「アクセス」は、こちらですよ。・・・http://www.aws_s.com/guide/access/・・・」

「「アドベンチャーワールド」にはレストランが複数あり、それぞれにアドベンチャーワールドらしいパンダメニューが用意されていますよ。」

「ふっくらとした肉まん「パンダまん」は、園内の様々なところで買うことが出来ますし、e-caféでは自ら選んだ2種類のアイスをパンダのように仕立ててくれる「パンダアイス」を販売していますよ。」

「パンダの顔が描かれているパンダワッフルは、とてもかわいらしく仕上がっており、「ラシュレ」という店の「パンダだんご」という商品は、食べるのに困ってしまうほどかわいいとして人気を博していますよ。」

「「パン工房」では、パンダをかたどったチョコチップメロンパン、パンダベーグルなどを販売していますよ。」

「パンダお握りやパンダかまぼこなども食べることができ、いろいろなパンダグルメが味わえますよ。」

「お子様だけでなく、カップルやお友達も大喜びですね。」

「「アドベンチャーワールド」に行った場合、これだけはというお土産を紹介しますよ。」

「①「パンダチョコ」などのパンダグッズがありますよ。」

「②「イルカのキーホルダー」・イルカも大人気のキャラクターですよ。」

「③「ぬいぐるみ」・キャラクターや生き物のぬいぐるみはかわいいので、アドベンチャーワールド独自のぬいぐるみを、お部屋に飾ってみましょうね。」

「「アドベンチャーワールド」は、心に残る温かい思い出づくりですね。」

「この日、この時は二度と訪れませんよ。二度とは来ない幸せを手に入れてみませんか?」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事