「私の住んでいる所は山の上、曲りくねった道を車で降りてきます。」

「道の両端には、桜の花が長い冬を待ちわびたかのように一気にパーッとみごとに咲き誇っていますよ。」

「遠くの山も、ほんのりピンク色に染まっていますよ。」

「いやはや・・・春っていいなあ。」

「山から降りてくる途中の公園では、お花見の“桜祭り”が催されていますよ。」

「所狭しと敷かれているシートの上には、お寿司や飲み物・ビールが並んでいますよ。」

「子供達は、満開の桜の花の下、嬉しそうにはしゃいでいますよ。」

「美味しい物を口いっぱい頬張りながら、ほろ酔い加減のお父さんは幸せそうですね。」

「お寿司って美味しいだけでなく、栄養のバランスが良く、体にやさしいって聞いたことがありますね。」

「だから、健康志向の海外の方に人気なんですね。」

「今日のお花見は、きっと駅前の「小僧寿し」で買ったのだろうなと、勝手に想像してしまいます。」

「「小僧寿し」は、「鉢巻太助(はちまきたすけ)」のイメージキャラクターでお馴染みですね。」

「お持ち帰り寿司をメインとした、お寿司屋さんですね。」

「「株式会社小僧寿し(こぞうずし)」は、持ち帰り寿司店を展開する日本の会社ですよ。」

「「小僧寿し」の本社は、東京都品川区西五反田1丁目にありますよ。」

「設立は、1972年2月18日ですよ。」

「「小僧寿し」の名で展開する持ち帰り寿司の店舗は、現在約450店ありますよ。」

「「小僧寿し」には、様々な握り寿司の盛り合わせがありますよ。」

「一人用のお寿司や、パーティ用の大皿、子供用にわさび抜きも作ってくれるので、とても重宝していますよ。」

「その他、太巻き(これは私の好物)、いなり寿司やバッテラ等も人気ですよ。単品の握りも好きな物だけをチョイスできるので嬉しいですよね。」

「さらに、海鮮丼も販売しているので、夕食を作る時間がない時はホントに便利ですね。」

「わがままかもしれませんが、主婦としては、さらに、さらにお安く美味しいお寿司が食べたいです・・・。」

「大丈夫!「小僧寿し」は、時期ごとにキャンペーンのお寿司を販売していますよ。」

「「小僧寿し」では、様々な種類の手巻き寿司が1本税込110円から楽しめますよ。」

「きゅうり、おしんこ、納豆、ツナ、カルビ、サーモンレタス等バラエティに富んでいて、かに、いくら、うなぎ、海鮮手巻き等のプレミアム手巻きも200円足らずで買うことができますよ。」

「毎週土、日曜日には「手巻きの日」というキャンペーンをやっていて、通常価格、税込130円までの手巻き寿司が一律110円で買うことができるので、お得ですね。」

「さらに、お正月の時期にはおせちも販売、節分には恵方巻き、夏のシーズンには山口県の郷土料理・「幽霊寿司」というのが販売されますよ。」

「「幽霊寿司」は、見た目が真っ白なシャリの下に色々な具材が隠れているという、楽しいお寿司なので、花火見物やパーティに大人気ですよ。夏のシーズンには是非是非!お見逃しなく・・・。」

「「小僧寿し」のクーポンは、「小僧寿しポン」という携帯のメールマガジンの会員になると、会員だけのお得な情報やクーポンが届きますよ。」

「さらに「小僧寿し」では、会員の入会時には、まずはすぐに使える、主婦に人気の10%割引のクーポンがもらえますよ。」

「しかし、一部使えない店舗もあるそうですので、チェックしてくださいね。」

「また、ホットペッパーグルメでも「小僧寿し」のクーポンを発行しています。有効に活用しましようね。」

「忙しい毎日、仕事の帰りに「小僧寿し」に寄りたいけれど、店舗のある場所が分からない・・・困りますね。」

「「小僧寿し」の店舗を探すには、「小僧寿し」のホームページから調べることが出来ますよ。」

「「東京」「埼玉」等の都道府県、市町村からも調べることができますよ。郵便番号から調べることもできますよ。」

「各店舗の地図や住所、電話番号、営業時間を見つけることができますよ。」

「さらに、お得な「寿司ポン」対象の店舗か、宅配をしてくれる店舗かも見ることができますよ。」

「店舗ごとのメニューを知りたい時、自分の住んでいる最寄りの店舗のメニューが何かを見ることができるので、是非!参考にしてくださいね。」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事