「給料が振り込まれる今日、この日は特別なディナーで家族が集います。」

「今や、都市銀行は、私たちの暮らしの中で当然あるべき姿として存在していますね。」

「「みずほ銀行」は、旧・第一勧業銀行と旧・富士銀行、旧・日本興業銀行の合併により生まれたメガバンクですね。」

「「みずほ銀行」は、全国47都道府県に店舗を展開、支店数は400を超えており、また首都圏では最大級のATMネットワークを有していますよ。」

「「みずほ銀行」は、3大メガバンクの1つなので、知らない人はいないくらいですね。」

「「みずほ銀行」は、日本全国に本支店421、出張所41店舗ありますよ。」

「海外では支店25、出張所17、駐在員事務所6、現地法人38店舗ありますよ(2016年12月31日現在)。」

「近年、私たちの暮らしは非常に便利になり、銀行のカード一つで私たちの暮らしが営まれていますね。」

「「みずほ銀行」のコンビニATM手数料は、平日8時45分から18時までが108円、その他の時間帯は216円ですよ。」

「また、第一・第4土曜日の3時~5時の間はATMの利用はできませんよ。」

「「みずほ銀行」のATMでは、平日8時45分~18時までは手数料はかかりませんが、その他の時間帯では手数料がかかりますよ。」

「平日の場合は、
8時~8時45分:108円
18時~23時:108円
23時~8時:216円
ですよ。」

「土・日の場合は、
8時~22時:108円
0時から8時:216円
ですよ。なお、22時~24時の間は利用することができません。」

「祝日・振替休日の場合は、
8時~23時:108円
23時~8時:216円
ですよ。」

「振込みの際は別途振込手数料が必要ですよ。
現金の場合、「みずほ銀行」同一支店内宛または本支店宛は3万円未満108円、3万円以上324円です。
他行宛は3万円未満432円、3万円以上648円となりますよ。」

「キャッシュカードの場合、みずほ銀行同一支店内宛は金額に関係なく0円です。
みずほ銀行本支店宛は3万円未満108円、3万円以上216円、他行宛では3万円未満216円、3万円以上432円ですよ。」

「「みずほ銀行」では、銀行ATMだけでなく、コンビニATMなどでも広く利用できますよ。」

「それでは、利用可能なコンビニATMを紹介しますね。」

「ファミリーマート、サークルK、スリーエフ、セーブオン、サンクス、コミュニティ・ストア、ポプラ、生活彩家、デイリーヤマザキ、セイコーマートなどのイーネットのあるコンビニですね。」

「ローソンATMマークのあるローソンATM、セブン銀行マークのあるATMですね。」

「なお、セブン銀行では振込みは取り扱っていませんよ。」

「それでは、「みずほ銀行」が行っている「みずほダイレクト」について紹介しますね。」

「「みずほダイレクト」とは、パソコンや携帯などを利用して、銀行の窓口とほぼ同様のサービスを受けられるものですよ。」

「ほぼ24時間利用することが可能で、窓口より振込手数料がお得になりますよ。」

「「みずほ銀行」での引き出し、振込、預入の限度額はカードの種類とATMによって変わってきますよ。」

「引き出しに関して、磁気ストライプカードの場合は、どのATMも限度額は50万円ですよ。」

「生体認証情報登録済カードの場合の限度額は、ICキャッシュカードに対応していないATMでは50万円、ICキャッシュカードに対応ATM、生体認証対応ATMでは100万円ですよ。」

「また、生体認証情報登録済ICキャッシュカードを使用した生体認証対応ATMでの取引では、手続きにより0~500万円の範囲で設定が可能ですよ。」

「振込、預入に関して、磁気ストライプカードの場合は100万円ですよ。」

「生体認証情報登録カードで、ICキャッシュカードに対応していないATMの場合は100万円、対応しているATMの場合は200万円ですよ。」

「また、こちらも手続きにより、0から900万円の範囲で設定が可能ですよ。」

「「みずほダイレクト」では、パソコンや携帯、タブレットを利用したインターネットバンキングと、携帯電話を利用したモバイルバンキング、固定電話を利用したテレフォンバンキングの3つのサービスがありますよ。」

「それでは、「みずほ銀行ダイレクト」を申し込んでみることにします。」

「インターネットで申し込む場合は、「かんたん残高照会(インターネット残高照会)」から申し込みが出来ますよ。」

「郵送で申し込む場合は、「申込書作成フォーム」からPDFフォームに必要事項を入力し、印刷して郵送します。」

「店頭で申し込む場合は、取引印鑑、本人確認が出来る書類を持参し申し込みます。」

「「みずほダイレクト」を利用すると、手数料がお得になりますよ。」

「「みずほ銀行」では、“宝くじ”の購入が気軽にインターネットから購入できますよ。」

「こんなのを待っていました・・・。」

「「みずほ銀行」では、ジャンボ宝くじをはじめとした全国自治宝くじ(スクラッチくじを除く)、お住まいの都道府県で発売される宝くじが購入できますよ。」

「これはパソコン・スマートホン・携帯電話のインターネットを通じ、または(iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ)で24時間宝くじの購入申込が出来るので、非常に便利ですよ。」

「購入代金は口座から引き落とされ、当選金は自動的に口座へ振込されるというサービスなので、「みずほ銀行」のATMやインターネットさえあれば、いつでも利用可能ですよ。」

「「みずほダイレクト」が利用できる便利なサービスを紹介しますね。」

「残高照会、入出金明細照会、会員制サービスの特典内容照会、振込、振替、定期預金・積立定期預金、外貨普通預金、外貨定期預金、みずほグローバル口座、投資信託、特約付き外貨定期預金、カードローン、住宅ローン、住所変更、通帳・カード再発行、通帳・お届け印の発見のお届け、情報共有同意状況の確認、公共料金口座振替、国際、Yahoo!ウォレット口座振替、ネット口座振替受付サービス、ネット振込決済サービス、Pay-easy(ペイジー)税金・料金払込みサービス、スーパーデビット、モバイルSuica銀行口座チャージサービス、モバイルレジ、マイページ、電子交付サービス、宝くじがありますよ。」

「インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレフォンバンキングによってご利用できるサービスや条件等がありますので、詳しくは「みずほダイレクト」のホームページで確認してくださいね。」

「「みずほ銀行」は、各種ローンサービスも提供しているのが特徴です。自動車ローンや住宅ローンも提供していますよ。」

「「みずほ銀行」の住宅ローンのメリットとしては、優遇金利の適用があり金利そのものの水準が低いことですね。」

「また、この優遇金利は固定金利と変動金利の切換を遂行しても変動しませんよ。」

「そのため、将来にわたって低い金利を維持できるメリットがあるのは嬉しいですよね。」

「また、融資手数料は固定で32,400円ですから、借入額が大きくても手数料は抑えることが可能ですよ。」

「「みずほ銀行」では万が一の為に、3大疾病保険がついていますよ。」

「別途費用が必要ですが、8大疾病保険もつけることが可能ですよ。」

「これは安心ですね。」

「「みずほ銀行」は全国に店舗を展開し、対面で契約を結ぶので、担当者が見える安心がありますね。」

「また、金利や返済計画などの相談がしやすいことが、「みずほ銀行」のメリットと言えるでしょう。」

「私たちの暮らしに密着した銀行「みずほ銀行」は、欠かすことはできませんね。」

「メガバンクを上手く使って、少し上の幸せをゲットしてみませんか。」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事