「今日は朝から雨、何をしようか・・・。」

「久しぶりにカラオケでも・・・。」

「「歌は楽しいから歌うのではない、歌っていると楽しくなるのだ」と、誰かが言っていますよ。」

「ホント!そうですよね。」

「カラオケは気分転換、歌い終わった帰り道、心がスカッとして元気になるのは何故でしょうね。」

「あなたは、「カラオケ館」(カラオケカン)という名のカラオケボックスを知っていますか?」

「「カラオケ館」は、株式会社ビーアンドブイが首都圏を中心に運営するカラオケボックスですよ。」

「「カラオケ館」は、全国に121店舗(2014年10月現在)を展開する、通称“カラ館”のことですよ。」

「「カラ館」のコンセプトは、「シンプル・豪華」ですよ。一見矛盾するようですが、料金がシンプルでもインテリア・設備がゴージャスなので、日常から離れた気分を味わうことが出来ますよ。」

「店内の部屋には、曲をかけると壁に絵が浮かぶ「ブラックライトアートルーム」や、大人数で楽しめる「パーティールーム」、その他に「ファーストクラスルーム」、「禁煙ルーム」、「VIPルーム」、クラブ調ルーム」など置かれています。」

「また、トイレには女性用の「パウダースペース」(一部店舗を除く)も設備されていますよ。」

「最近うっとうしいなとか、ストレスが溜まっているなと感じた際に、この豪華さは嬉しいものがありますね。」

「また、最近の傾向として、「お一人様ブーム」に対応した“ひとりカラオケルーム”の導入も進めていますよ。」

「同窓生、職場の仲間、家族、親せきの集まりに、必ずと言ってよいほどカラオケが主役になりますね。」

「「カラオケ館」・「ひとりカラオケルーム」でこっそり歌の練習をして、皆をアッと言わせてみませんか。」

「カラオケ機種は、DAM(第一興商)、JOYSOUND(エクシング)の2種類が設置されており、フロントで選ぶことができますよ。」

「「カラオケ館」の営業時間を知りたくはありませんか?」

「「カラオケ館」の営業時間は店舗によって異なりますが、平均的な時間をお伝えしますね。」

「<11:00~翌5:00>、<11:00~翌6:00>、<12:00~翌5:00>、<13:00~翌6:00>がありますよ。」

「「カラオケ館」は基本的に年中無休なので、始発の時間までカラオケを楽しむこともできますよ。」

「それでは、「カラオケ館」の店舗を紹介(公式)しますね。
http://karaokekan.jp/shop/ ですよ。」

「気になる料金メニューについてお伝えしますね。」

「「カラオケ館」の料金は各店舗によって異なりますので、平均的な料金を紹介しますね。」

「平日の昼・・・30分412円、2時間508円、3時間572円
平日の夜・・・30分692円、2時間1628円、3時間2252円
平日フリータイムの深夜・・・1860円
週末の昼・・・30分500円、2時間860円、3時間1100円
週末の夜・・・30分764円、2時間1916円、3時間2684円
週末フリータイムの深夜・・・2360円 ですよ。」

「お近くの店舗の料金詳細は、各店舗で確認してくださいね。」

「「カラオケ館」のクーポンは、ネット上の「ホットペッパーグルメ」を使うことで利用できますよ。」

「クーポンを使うと、一般料金限定(飲食代・コース・フリータイム・飲み放題・会員・学生料金除く)でお部屋代が30%オフになりますよ。」

「詳しくは、ホットペッパーグルメから「カラオケ館」を検索してね。」

「「カラオケ館」では、持ち込みを基本的に禁止しています。公式ホームページに掲載されていますよ。公式サイト・・・http://karaokekan.jp/index.html・・・」

「しかし、誕生日などのケーキの持ち込みは了承する場合がありますよ。」

「あくまでもケーキ以外の持ち込みは不可ですが、ご利用予定の店舗に問い合わせてくださいね。」

「「カラオケ館」で対応する電子マネー(店舗によって異なる場合があります)を紹介しますね。QUIPay、nanaco、Suicaがありますよ。」

「歌は昔なつかしいノスタルジーを感じるものから明日への希望に繋げるもの迄、人の心に淡くてせつない思いを抱かせてくれますね。」

「もしかして、心の栄養なのかもしれませんね。」

「「カラオケ館」で心の憂さを思いっきり発散してみませんか。」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事