「あなたは通販で物を買うことに、少し躊躇しているのではありませんか?」

「通販で物を買う時心配なのは、何か問題があった時、“決済”の場で面倒なことが起きた時、混乱してしまうことですね。」

「それなら是非、「PayPal(ペイパル)」に登録してみては如何でしょうか。」

「「PayPal(ペイパル)」って何?・・・初めて聞く言葉ですね。」

「「PayPal(ペイパル)」は、オンライン上での「支払い」と「受取り」を安全にできる決済サービスですよ。」

「「PayPal(ペイパル)」を通じてクレジットカードでの支払いと受付が出来る、非常に便利なサービスですよ。」

「分かりました。しかし、そのサービスは、どこが保証してくれるのでしょうか?」

「「PayPal(ペイパル)」は、電子メールアカウントとインターネットを利用した決済サービスを提供するアメリカの企業ですよ。」

「「PeiPal(ペイパル)」は、口座間やクレジットカードでの送金や入金を行います。」

「「ペイパル」は、190の国と地域で利用でき、21通貨以上に対応しています。」

「「ペイパル」は、2011年2月現在、世界中で2億2000万のアカウントが開設されています。」

「それでは、「ペイパル」の安全性はどうなのですか?」

「「ペイパル」では、支払いの際、お店側にカード情報を伝えませんよ。」

「お金の授受を「ペイパル」が仲介するため、取引先にクレジットカード番号や口座番号を知らせる必要がなく、安全なサービスであると評価されていますよ。」

「あなたが心配しているカード情報は、「ペイパル」がしっかり保護しています。」

「「ペイパル」は、世界で2億人以上、1500万店舗以上で利用されています。」

「「ペイパル」は海外の取引にも便利で安心なので、重宝されていますよ。」

「まずは、「ペイパル」のメリットについて説明しますね。」

「あなたのカード情報はお店には伝えず、「ペイパル」が保護していますので、初めて利用する場合でも安心ですよ。」

「「ペイパル」で支払った場合でも、クレジットカードのポイントは貯まるので、お得ですよ。」

「「ペイパル」では、「ログイン状態を保持する」にチェックを入れると、次回のお買い物がログインなしのワンタッチで決済できます。」

「「ペイパル」は、世界1500万店舗以上で使えるので、日本よりも安価で購入できますよ。さっそく海外通販にトライしてみましょう。」

「「ペイパル」では、送付先住所やカード情報は「ペイパル」にあらかじめ登録しておくので、各ウェブサイトに会員登録をせずに支払いができます(店舗により一部異なります)。」

「海外で買い物をして、自宅に届けてもらう場合、「商品が届かない」「説明と違うものが届いた」などのトラブルがあった際、「ペイパル」には、条件を満たせば返金される「買い手保護制度」があります。」

「それでは、万一の際の「買い手保護制度」について説明しますね。」

「「ペイパル」で購入した商品やサービスに対して、何か問題があった場合に、一定の条件の下に補償をするプログラムですよ。」

「例えば、代金の支払いをしたのに商品(洋服など)が届かなかった場合、返金の対象となります。」

「届いた商品の状態が説明や紹介されている内容と著しく異なっている場合、返金の対象となります。新品を注文したのに、中古の商品が届いた時等ですね。」

「無形商品(ゲーム等)であっても、代金の支払いをしたのに受取りが出来なかった場合、返金の対象となります。」

「あなたが、買い手保護を受けるには、購入してから180日以内にお手続きくださいね。」

「それでは、“買い手保護”を受ける3つのステップを説明します。」

「ステップ1・・・「アカウント」にログインし、「問題解決センター」をクリックします。」

「ステップ2・・・「問題を報告」ボタンをクリックします。」

「ステップ3・・・①「問題のある取引」を検索します。②「問題のある取引」の欄をクリックします。③「続行」をクリックし、画面の指示に従って手続きをします。」

「ステップ4・・・「異議を提出した理由」を選択し、「続行」をクリックします。」

「ステップ5・・・追加の情報を、画面にしたがって記入し、[続行]をクリックし、完了となります。」

「それでも問題が解決されない場合は、異議を提出してから20日以内に「クレームにエスカレート」してください。」

「「クレームエスカレート」の3つのステップを説明します。」

「ステップ1・・・「問題解決センター」のケースより、該当ケースをクリックします。」

「ステップ2・・・ページ下部の[この異議をPayPalクレームにエスカレートする]をクリックします。」

「ステップ3・・・必要情報を記入して[クレームにエスカレート]をクリックしてくださいね。」

「あなたは「ペイパルで支払いたい」それとも、「カード決済を受け付けたい」のどちらでしょうか?」

「もし、「ペイパル」で支払いたいのなら、「パーソナルアカウント(個人用)」を開設しましょう。」

「「パーソナルアカウント(個人用)」は、国内ではもちろん、海外通販やカード情報の入力に不安な場合に便利ですよ。」

「あなたは、安心を何で担保しますか?」

「転ばぬ先の杖・・・「ペイパル(PayPal)」は、お客様を守るセキュリティーです。」

「「ペイパル」は、新規登録が出来ます。“ペイパルアカウント”に是非登録しましょうね。」

「何と、新規登録は無料ですよ。早速、はじめましょう。」

おすすめの記事