「道端で、とてもかわいい「つゆ草」を見つけましたよ。」

「じっと見ていると、写メ撮りたくなって、「つゆ草」の表情までキレイに写せましたよ。」

「やさしいお花ですね。」

「早速印刷して、久しぶりの友達に送りたい、見せたい衝動にかられました(笑)。」

「ちなみに、私が愛用しているプリンターは、「ブラザープリンター」ですよ。」

「「ブラザープリンター」とは、愛知県名古屋市に本社を持つ、brother工業株式会社が販売するプリンター・複合機のことですよ。」

「主にプリンター(複合機)を中心としてファクシミリ、“家庭用ミシン”や通信カラオケシステムの「JOYSOUND」などを手がけていますよ。」

「1934年(昭和9年)1月15日、日本ミシン製造株式会社(現在のブラザー工業株式会社)を設立しましたよ。」

「プリンター・複合機では、家庭用とオフィス用を販売しており、インクジェットタイプとレーザープリンターに大別されますよ。」

「ちなみに、複合機というのは、プリンター機能以外の機能を持つ製品のことですね。コピー、スキャナー、FAXなどが該当しますよ。」

「Brotherプリンターの特徴は、給紙やインク交換方法も全面作業のため便利ですよ。」

「プリンターを選ぶ際の着目ポイントは、A3対応の有無、ファックス・電話の有無、無線LAN対応およびダイレクトプリント対応可否ですよ。」

「やはり、大学生は就職活動を含め、A3用紙に印刷したいということもあると思います。」

「したがって、A3対応品が良いでしょう。」

「また、家庭で使うのなら、ファックス・電話の有無も大きなポイントになりますよ。」

「基本的に、brotherの製品は無線LAN対応およびダイレクトプリント対応ですので、この点はあまり問題にはならないようですね。」

「「ブラザー(brother)」プリンターのドライバーダウンロードは、ブラザーの公式ホームページで行うことができますよ。」

「また、インストールできない場合は、サポートの「よくある質問」を確認したり、電話やメールで問い合わせてくださいね。」

「さらに、ブラザープリンターはオンラインチャットでのお問い合わせも可能となっていますよ。」

「今すぐ解決したい方は、チャットでのお問い合わせも検討してみてはいかがでしょうか。」

「印刷方法においては、インクジェットは直接印刷紙に印字、レーザープリンターは一度トナーにインクを転写し、そのトナーから印刷紙に印字しますよ。」

「本体価格が安いのはインクジェット、大量印刷時の印刷コストはレーザープリンターが安いですよ。家庭用は基本インクジェットになりますよ。」

「また、スマホやタブレット、デジタルカメラで写真を撮影する時代なので、パソコンがなくてもプリントが出来ることは条件としては重要と言えますね。」

「ちなみに、無線LANの場合は中継ポイントを通していますが、Wifiの場合は直接機器同士を接続するため、セキュリティ面でもより安全になりますよ。」

「ブラザープリンターの価格帯は、単純複合機(ファックス・電話なし)は2万円弱、A3対応品は6万弱からですよ。」

「また、brother専用アプリでスマホの画面をスキャン、コピーできるのも嬉しいポイントですね。」

「また年賀状に関しても、嬉しいサービスがありますよ。」

「アプリを利用すれば、スマホ、タブレットで編集し、はがきに印刷出来ますよ。」

「QRコードを印刷すると、自分が共有したい写真データをQRコード経由で共有できますよ。」

「今まで面倒だった年賀状を、今年は送ってみては如何でしょうか?」

「brotherのプリンタは、他メーカのプリンタに比べ安価で、高品質、高性能な商品が多く、非常に人気がありますよ。」

「一般家庭に限らず、事業で使われる方も非常に多く、幅広いニーズに答えていますよ。」

「brotherの電化製品に限らず、全ての電化製品には「ドライバ」と言って、接続機器を動かすためのソフトウェア(プログラム)が組み込まれていますよ。」

「パソコンの場合を例にすると、モニタを表示させるためのドライバ、マウスを動かすためのドライバ、USB機器を動かすためのドライバ、などなど、パソコンから接続されている機器を動かすためには「全て」ドライバが必要となりますよ。」

「したがって、パソコンに接続するための新しい機器を購入した場合には、必ずドライバを入れてあげないといけませんよ。」

「通常は、プリンタを購入したらCD-ROMも一緒に付属されていて、そこの中にドライバが入っていますよ。」

「CDが入っていない場合は、個別にメーカーのページに行ってドライバをダウンロードする必要がありますよ。」

「これをしないと、接続機器が作動しなくなりますからね。」

「万が一動作をしたとしても、どこかでおかしくなる可能性がありますよ。」

「brotherでは、ドライバを無料でダウンロードできますよ。」

「場合によっては、有料というメーカーもありますが、基本的にドライバはどのメーカ―も無料でダウンロードできるようになっていますよ。」

「接続機能がうまく動作しなかったり、固まってしまった場合は、ドライバをダウンロードし直したりしてメンテナンスをしてくださいね。」

「ある程度時期が経つと、ドライバが更新されることもあるので、1年に一度程度はドライバが更新されていないかチェックしてみてくださいね。」

「手順はすごく簡単!各メーカーの公式ホームページに行って、あなたが持っている機器の型番が適合するドライバをダウンロードして、パソコンにインストールするだけですよ。」

「手順や無料ダウンロードは、公式ホームページからですよ。
・・・http://www.brother.co.jp/software/index.aspx・・・」

「ところで、あなたは突然プリンター印刷が出来なくなったことって、経験ありませんか?」

「そんな時の、とっておき対処の仕方を説明しますね。」

「①プリンターで印刷できない場合に最初にチェックしてほしいのは、「プリンターが正しくパソコンに接続されているかどうか?」ですよ。」

「この接続が原因で「プリンターが故障してしまった」「印刷できない」と焦ってしまうことが意外に多いため、まずは落ち着いて確認してみてくださいね。」

「プリンターとパソコンの接続方法は、大きく分けて有線接続と無線接続の2種類ありますよ。」

「有線接続とは、USBケーブルなどで、パソコンとプリンターを接続して使用する方法ですよ。」

「プリンター側とパソコン側の両方で、しっかりとケーブルが繋がっているかコネクタ部分が緩んでいないか、この場合一度抜いてから再接続してみることをオススメします。」

「その後、プリンターの電源を入れ直すと、印刷できるようになる場合がありますよ。」

「無線接続とは、アクセスポイントとプリンターが無線接続されている状態ですよ。」

「機器の電源が入っている。⇒たまに、これが原因の場合がありますね。」

「プリンターとアクセスポイントが正常に接続されているかどうかですね。」

「②プリンターの接続、変更に関して、正しいプリンターが選択されているかどうかですね。」

「パソコンから印刷する」場合、パソコンで正しいプリンターを選択してみないと印刷が正常に実行できませんよ。」

「使おうとしているプリンターが確実に選択されていりことを、確認してみてくださいね。」

「「Windows10」の場合は、こちらですよ。」

「①デスクトップ左下のWindowsのロゴマークをクリックします。」

「②表示されるメニューで、「コントロールパネル」をクリックします。」

「③コントロールパネルの画面が表示されたら、「デバイスとプリンターの表示」をクリックします。」

「④そのパソコンから使用できるデバイスやプリンターがすべて表示できますよ。」

「⑤「プリンター」に表示されているアイコンの中で、自分が使おうとしているプリンターが選択されているか確認できますよ。」

「選択されているプリンターのアイコンには、緑色の丸いチェックマークが付いていますよ。」

「「使おうとしているプリンターが選択されていない場合」は、こちらですよ。」

「①アイコンの上で右クリックして表示されるメニューの中から「通常使うプリンターに設定」を選択します。」

「②確認のメッセージが表示され、「OK」をクリックします。」

「③緑色のチェックマークがそのプリンターのアイコンに移動しますよ。」

「次からは、特に設定を確認しなくても、そのプリンターから印刷が実行されるようになりますよ。」

「もし、使用したいプリンターのアイコンがない場合は、そのプリンターのプリンタードライバーがパソコンにインストールされていない状態ですよ。」

「プリンターに付属されていたDVDなどから、プリンタードライバーをインストールしてください。」

「パソコンを再起動して確認すると、インストールしたプリンターのアイコンが表示されるようになっているはずですよ。」

「「プリンターにエラーが出ている」場合は、こちらですよ。」

「プリンターにエラーが出ているため、正常な印刷が出来ない場合もありますよ。」

「(例)・・・紙つまり、インク切れ等々ですね。」

「基本的に、エラーの内容はパソコンの画面にメッセージが出るか、プリンターの液晶画面に表示されますよ。」

「エラーには多くの種類があり、それぞれにあった対処法については取扱説明書を参照してみてくださいね。」

「適切にエラーを解除できれば、また元のように印刷ができるようになりますよ。」

「ただし、エラーの内容によっては、サービスセンターに連絡をする必要があったり、部品の交換を依頼する必要があったりする場合がありますよ。」

「(例)廃インクタンクなどが満タン⇒メーカー修理が必要ですよ。」

「自分では対処できないエラーもあるため、取扱説明書を確認してみてくださいね。」

「プリンタードライバで印刷の状態を確認します。」

「エラーが出ていなくても、実行した印刷が途中で止まっている可能性がありますよ。」

「これを確認するためには、先ほどの「デバイスとプリンターの表示」から印刷の状況をチェックします。」

「①使用しているプリンターのアイコンをダブルクリックします。」

「②開いた画面のプリンター名称の下に「キューに〇〇個のドキュメント」と表示します。」

「③キューというのは印刷データが待機する場所で、ドキュメント数を表示しますよ。」

「④プリンターがこれからいくつの印刷をしようとしているか確認します。」

「キューにある印刷ドキュメントの詳細を見るには、「印刷待ち一覧を表示」をクリックしてください。」

「キューが表示され、印刷待ちをしているドキュメント名がリストで表示されますよ。」

「印刷待ちのドキュメントの状態が「一時停止」などになっていると、印刷が止まってしまいますよ。」

「停止している印刷ドキュメントを選択して印刷を再生させるか、不要な印刷ドキュメントであれば削除しましょうね。」

「プリンターの寿命が来ている?・・・」

「使用頻度にもよるのですが、3年以上使用している家庭用プリンターであれば、寿命を迎えている可能性がありますよ。」

「一般的には、5年以内で寿命になってしまうことが多いようですよ。」

「変な音がして、動作が止まってしまうなどの症状はありませんか?」

「そういった場合は、プリンターの寿命の可能性がありますよ。」

「その場合は、サポートセンターなどに問い合わせて修理を依頼するか、プリンターを買い替えるなどの対応をとってみましょうね。」

「プリンターで印刷できなくなる原因として、接続・設定・エラーに問題があるか、物理的な破損、寿命などの可能性が考えられますよ。」

「今紹介した確認項目をチェックしていけば、どこに不具合があるか効率よく発見できるのではないでしょうか。」

「プリンターをより長く使用するためには、こまめにプリンターのヘッドをクリーニングしたり、純正のインクを使用したりすることが重要ですよ。」

「普段からよく手入れをしておくことを、おススメしますね。」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事