「久しぶりの休暇で、車を走らせています。」

「今日は車が空いていて、高速道路を風切って走っています。」

「夕日を背に・・・ドライブはロマンを誘いますね。」

「「鈴鹿サーキット」は、レーシングカーをイメージする人が多いと思います。」

「ウィーン・ゴーと言うエンジン音と共に、「鈴鹿サーキット」では定期的に大きなカーレースが行われていますよ。」

「凄いスピードを上げて、凄い音と共に走るレーシングカーの醍醐味は、忘れることの出来ない迫力ですね。」

「それでは、「鈴鹿サーキット」でのレース・イベントを紹介しますね。」

「ファン感謝デー、NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レース、アジアロードレース、スーパー耐久、SUZUKA Race of Asia、コカ・コーラ鈴鹿8耐、AUTOBACS SUPER GT SUZUKA 1000㎞
 スーパーフォーミュラ最終戦、JAF鈴鹿グランプリ、MFJグランプリ。スーパーバイク最終戦、RICHHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE、F1世界選手権シリーズ日本グランプリなどがありますよ。」

「レースの時期には、レーサーやファンの方たちで大混雑していますよ。」

「「鈴鹿サーキット」は、三重県鈴鹿市にある国際レーシングコースを中心としたレジャー施設ですよ。」

「F1日本グランプリや、鈴鹿8時間耐久ロードレースなどの開催で知られますね。」

「レーシングコースの他に遊園地やホテル等があり、モビリティリゾート(自動車を題材とする行楽地)を形成していますよ。」

「「鈴鹿サーキット」は、日本初の全面舗装と観客席の両方を備えたサーキットとして、1962年に本田技研工業(ホンダ)によって建設されましたよ。」

「現在は、本田グループでモータースポーツ関連施設を運営する会社、モビリティランドによって運営されていますよ。」

「鈴鹿サーキットの料金は、レース毎に設定されていますよ。」

「観戦料は大人1700円~ですよ。ゆうえんちポートピアのパスポートがセットになった入場券は、5700円~ですよ。」

「ただし、F1レースの観戦は、別格の観戦料で14,400円から販売されていますよ。」

「「鈴鹿サーキット」というと、子供にはあまり楽しむことができない大人向けのテーマパークかなと思っていたのですが、子供も喜ぶ環境が整っていると知りました。」

「その訳は?」

「それは、レース会場の横には、モートピアという遊園地があるからですよ。」

「それでは、「鈴鹿サーキット」(三重県鈴鹿市)の敷地内にある“モートピア”という遊園地について紹介しますね。」

「車が好きでない女の子にも、可愛いハチがモチーフのエリアなどがあり、十分に楽しむことができる遊園地ですよ。」

「鈴鹿サーキット遊園地は、三重県鈴鹿市にあるテーマパークで、1963年にオープン、2010年にリニューアルしましたよ。」

「子どもに向けたアトラクションを、そろえていますよ。」

「特徴は、自分で操作をして楽しめるアトラクション(遊具)が多いことですね。」

「モートピアとは、ユートピア(英:utopia)と英語で発動機の意味を指すmotoを合わせた造語からきていますよ。」

「鈴鹿サーキット遊園地は、モビリティのテーマパークで、日本で初めての本格的な国際レーシングコースとして誕生した鈴鹿サーキットの遊園地であるモートピア、ホテル、レストランなど家族で楽しめますよ。」

「次に、鈴鹿サーキット遊園地のアトラクションについて紹介しますね。」

「「鈴鹿サーキット」らしく乗り物のアトラクションが多数あり、0歳から利用できるものもありますよ。」

「乗り物のアトラクション以外にも、本物の工具を使って電気カートの組み立てに挑戦したり、様々なカタチに加工済の工作キットを使って動く乗り物を作ったり、どんぐりや木の葉っぱなどの季節にあわせた材料などで工作を体験することができますよ。」

「一例を紹介しますね。」

「コチラのプッチタウンには、プッチグランプリ、コチラドライビングスクール、
プッチパトロール、チクタクトレイン、テストフライト、プッチパワーショベル、
ルンルンバルーン、プッチパレードなどがありますよ。」

「チララのハローガーデンには、チララのフラワーワゴン、でんでんむし、ぶんぶんばち などがありますよ。」

「プーとのモビパークには、ene-1、Dream R 、アクロエックス エボリューション、
ブートののりもの研究所(メカニック室)、ブートののりもの研究所(工作室)などがありますよ。」

「ピピラのモトフィールドには、ピピらのピンキーバイク、キッズバイク、
ツーリングバイクなどがありますよ。」

「バットのアドベンチャーヴィレッジには、アドベンチャードライブ、
バットのパワークリスタルハント、アドベンボート フロンティア、フライングシップ、
パラ・セイラー、ロッキーコースターなどがありますよ。」

「GPフィールドには、デュエルジーピー、コチラレーシングカート、アドバンスカート、レーシングシアター、サーキットホイールがありますよ。」

「Circuit Challengerがありますよ。」

「アクア・アドベンチャーがありますよ。」

「「鈴鹿サーキット遊園地」のアトラクションは、鈴鹿サーキットのホームページの「モートピア」⇒「アトラクション」からチェックすることができますよ。」

「鈴鹿サーキット遊園地のアトラクションは、こちらですよ。
・・・http://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/attraction/・・・」

「それでは、気になる「鈴鹿サーキット」遊園地入場料・料金について紹介しますね。」

「モートピア入園券・パスポート利用料金は、こちらですよ。」

「入園券は、大人(中学生以上)1,700円、子ども(小学生)800円、
幼児(3歳以上~未就学児)600円ですよ。」

「モートピアパスポート(入園+のりものパスポート)は、大人 4,300円、
子ども 3,300円、幼児 2,100円ですよ。」

「シニアパスポート(入園+のりものパスポート)は、60歳以上の方 3,000円ですよ。」

「プール券(入園+プール入場)は、大人(中学生以上)2,900円、
子ども(小学生)2,000円、幼児(3歳以上~未就学児)1,400円ですよ。」

「サマーパスポート(入園+のりもの+プール入場)は、大人 5,400円、子ども 4,100円 幼児 2,700円ですよ。」

「シニアサマーパスポート(入園+のりもの+プール入場)は、60歳以上の方3,800円ですよ。」

「アドバンスカート利用券(入園+アドバンスカート5周1回・フェイスマスク付)は、2,600円ですよ。」

「「鈴鹿サーキット」のお得なチケット情報をお伝えしますね。」

「「鈴鹿サーキット」遊園地のお得なチケット情報については、鈴鹿サーキットホームページの「モートピア料金」⇒「モートピア料金」にある「お得なチケット」で紹介されていますよ。」

「「お得なチケット」は、こちらですよ。
・・・http://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/fee/・・・」

「「鈴鹿サーキット」の営業時間は、平日が10:00~17:00、土日祝は9:30~18:30までとなっていますよ。」

「夏休み期間中の平日は9:30~19:00まで、土日祝は9:30~20:00までですよ。」

「プールの営業時間は、9:30~17:00までです。プールは土日祝関係なく9:30~17:00ですよ。」

「日時によって、鈴鹿サーキットの営業時間が変更になっていますので、詳しくは鈴鹿サーキットのホームページの営業時間を確認してくださいね。」

「それでは、「鈴鹿サーキット」遊園地の営業時間について紹介しますね。」

「モートピア営業時間は、9:30~18:00ですよ。」

「詳しくは・・・http://www.suzukacircuit.jp/today/#hours・・・」

「「鈴鹿サーキット」遊園地の混雑についてお伝えしますね。」

「ゴールデンウィークや夏休みなどの時期には、たいへん混雑するようですよ。」

「しかし、平日は混み合っておらず、待ち時間もほとんどなく乗り物に乗れるみたいですが、遠足等で団体が来ていると、土日ほどまではいきませんが、少し混雑しているようですよ。」

「人気のアトラクションの待ち時間は平日でも1時間、その他の乗り物でも30分程度待ち時間を考えていたほうが良いでしょうね。」

「鈴鹿サーキット遊園地「モートピア」は、こちらですよ。
・・・http://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/・・・」

「「鈴鹿サーキット」内には、ホテルも併設されていますよ。」

「鈴鹿サーキットのレース観戦、イベント、プールに、遊園地ポートピアを満喫しようと思うととても1日では足りませんね。」

「いっそのこと、ホテルで宿泊し、2~3日かけて「鈴鹿サーキット」の醍醐味を楽しんではいかがでしょうか?」

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

おすすめの記事