「京都駅構内図を、ご存知ですか?」

「よく知らないんで、調べてみました。」

「京都駅はJR西日本、JR東海、近畿日本鉄道、京都市営地下鉄の駅ですね。」

「京都駅には東海道新幹線の全列車が停車する上、年間を通じて多くの観光客が訪れる京都周辺の拠点となる駅で、通勤・通学などの日常利用はもちろん、観光など中長距離を移動する人にとってなくてはならない駅となっていますよ。」

「しかし、観光などの非日常利用が多いということは、京都駅の構内についてよくわからず迷う人も多いということですね。」

「JRの京都駅には、在来線と東海道新幹線が乗り入れていますよ。」

「JR在来線は、高山線、北陸線、琵琶湖線、草津線、湖西線、JR京都線、きのくに線、智頭急行線 関西空港線、奈良線、嵯峨野線が乗り入れていますよ。」

「また、JR京都駅は、在来線をJR西日本が、新幹線をJR東海が管轄していますよ。」

「JR京都駅の構内図は、JR西日本が運営するウェブサイトJRおでかけネットとJR東海のウェブサイトの双方で公開されていますよ。
https://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0610116
http://railway.jr-central.co.jp/station-guide/shinkansen/kyoto/map.html 」

「JRおでかけネットの京都駅構内図は、Web版とPDF版で提供されており、どちらも内容は同じで、立体図と平面図によって表現されていますよ。」

「パソコンでこの京都駅構内図を見る場合、Web版だと文字が小さく、わかりづらい印象を受けますね。」

「構内施設はピクトグラムで表現されていますが、せっかくのピクトグラムがつぶれてしまっており、判別できませんね。」

「パソコンで見るなら、PDF版の京都駅構内図の利用をおすすめしますよ。」

「PDF版の京都駅構内図も、Web版と内容は同じなので、文字は小さく見づらいですが、拡大が容易なため、見たい箇所を中心に拡大することで、文字の読みづらさは解消できますよ。」

「京都駅の構造自体が、比較的シンプルなので、構造図の表記形式に慣れれば、この構内図だけでも十分現在地や目的地、改札の位置などの把握には使いやすいといえますよ。」

「一方、JR東海の京都駅構内図ですが、こちらはWeb版のみとなっていますよ。」

「パソコンでこのWeb版の京都駅構内図を見ると、ほとんど文字が判別できないため、改札がどこにあるのか、目的のホームへ行くにはどうすればよいのかがわかりづらいですね。」

「JR京都駅の構内図を見る場合、JR西日本のJRおでかけネットの構内図を利用することをおすすめしますよ。」

「近畿日本鉄道の京都駅は、京都線と近鉄特急に利用されており、近鉄の京都駅構内図は、近畿日本鉄道のWebサイト上で公開されていますよ。
http://www.kintetsu.co.jp/soukatsu/kounai/kyoto.html 」

「近鉄の京都駅構内図はWeb形式となっており、平面図に近い立体図で表現されていますよ。」

「駅の構造自体がシンプルなので、平面図を少し立体的に加工するだけで、立体図になっているのが特徴ですね。」

「文字や構内施設を示すピクトグラムも判別しやすく、非常にわかりやすい構内図となっていますよ。」

「また、構内図が掲載されている同じページには、構内の様子がGoogleストリートビューで見られるようになっており、よりわかりやすく利用しやすいよう工夫がされていますよ。」

「構内図のバリアフリー経路は緑の破線で示されており、赤の実線や破線よりは目立ちませんが、駅の構造がシンプルで、構内図もわかりやすいので、バリアフリー経路も比較的目に入ってきやすいですね。」

「この経路を利用して、出口から改札までの経路を確認しておくと便利ですよ。」

「京都市営地下鉄の京都駅は烏丸線によって利用されており、地下鉄烏丸線の京都駅構内図は、京都市交通局のサイトの京都市営地下鉄時刻情報ハイパー地下鉄ダイヤ内で公開されていますよ。
http://www2.city.kyoto.lg.jp/kotsu/tikadia/hyperdia/menu0221.htm 」

「このページに地下鉄烏丸線の京都駅構内図は、Web版とPDF版の立体図として公開されていますよ。」

「地下鉄烏丸線の構造自体が非常にシンプルなため、立体図も見やすく、文字もWeb版では小さく読みづらいですが、PDF版であれば問題ないですね。」

「改札や乗り場、エスカレーターやエレベーターの位置もわかりやすく、構内施設はピクトグラムで表現されており、特に利用で迷うことはないでしょう。」

「バリアフリー経路も赤の破線で表現されており、とても見やすくなっていますよ。」

「京都駅は基本的にJR京都駅、近鉄京都駅、地下鉄京都駅の3つだと考えれば、それほど複雑ではないとも言えますよ。」

「しかし、JR京都駅のどの改札を出て、どの出口からどういう経路をたどって地下鉄や近鉄の京都駅に行けばよいのかは、各社個別の構内図を見ただけだとわかりづらいですね。」

「そこで、3つの京都駅の位置関係を把握するために、京都駅全体を俯瞰でとらえる必要があり、その際に利用すると便利なのが、「駅探」というサイトに掲載されている京都駅構内図ですよ。
https://ekitan.com/station/TimeEkiinfoFacilitiy?SFCODE=5198 」

「この京都駅構内図は、JR京都駅を中心に、近鉄京都駅と地下鉄京都駅の位置関係を俯瞰で表現してあるため、京都駅全体を把握するのには役立ちますよ。」

「また、タブを切り替えることで出口情報が表示されるようになっており、JR東海道本線、JR湖西線、JR奈良線、JR山陰本線、近鉄京都線、地下鉄烏丸線の各線の出口番号から近い主要な京都駅の周辺施設が一覧表示されていますよ。」

「目的地が決まっており、どの出口から出ればよいのか知りたい人にとっては重宝すると思いますよ。」

「京都駅構内図を見てわかるのは、名古屋や東京に向かう東海道新幹線や博多などに向かう山陽新幹線、奈良線や京都線といった在来線などが地下通路という共通の通路からアクセスできるということですね。」

「さらに、南北自由通路という通路で全てのポイントと行き来ができるようになっていますので、わかりやすいですね。」

おすすめの記事